C-Finals Game 2 @ ヒート【NBA_Pacers】

2013年05月26日 14:51

ペイサーズ対マイアミ・ヒートのカンファレンスファイナル第2戦。

INDは前の試合を引きづることなく、第1Qから二桁リードをする等、
順調なスタートを見せました。

INDが優勢のまま試合が進み、追いつかれても引き離し、
逆転を許しませんでした。第2QにはIND側にテクニカルの嵐が
襲ってきましたが、そんな中でもチームメイトを鼓舞するヒバートの
姿があり、プレイだけでなく、様々な面でチームの支えとなっていると
感じました。

前半の最後はマイク・ミラーにブザービーター3PTを決められ、
53-47で終了。

第3Qのスタートが心配でしたが、ランスが3PTを決めて58-49としました。
が、ここからボッシュが5連続得点、更にTOからレブロンのダンクで
58-56とされると、ヒバートがダンクを決めて4点差にしますが、
ウェイドとレブロンに決められて60-60の同点になりました。

ちょっとタイムアウトが遅かった気がしますが、タイム明けに
ヒルが3PT、更にファストブレイクでランスtoポールのアリウープが
決まって再びリードを5点に広げました。

そして、第3Qの最後にこの試合最大の見せ場がやってきました。
ここのシーンは鳥肌ものですね。

ポールのレブロンを抜き去ってバードマンをものともしないダンクアンド1と
レブロンのブザービーター3PT。

プレイも素晴らしいですが、両者がこの後タッチをしました。
自分はINDファンなのでもちろんポールの視点で見てしまいますが、
MVPが若造を認めたってことですよね。

ダニー対レブロンの憎しみ合いのマッチアップも見物ですが、
こういうスポーツの良さが滲み出るライバル関係はやはり最高です。
ポールがそのレベルに達しつつある、というのが嬉しいです。

試合の方は、レブロンがノってしまい、レイアップと3PTを
決められて逆転されてしまいます。
しかし、ヒルのフローターとウエストのFTで繋ぐと、
ポールがレブロン越しにロングジャンパーを決め、
その次は3PTを決めて84-81とここでも逆転仕返します。

このままリードを広げたいところでしたが、ヒルがFTを2本ミスしたり、
ヒバートがオフェンスリバウンドを取って押し込もうとした所、
レブロンにブロックされ、チャルマーズにタフなレイアップを
決められてまたしても逆転されます。

更に両者ミスが続いた後、ボッシュがサイドから3PTを決めて
残り6分で84-88となってしまいました。

これまでのINDだったらこれで終わっていたかもしれません。
しかし、ミスショットをした後に、ランスが3PTを決め、
レイ・アレンはミス。そしてヒバートがインサイドで存在感示し
レイアップを決めて89-88と再々逆転。

勢いに乗りたいところですが、ランスが判断ミスを繰り返し、
レブロンがカウントを成功させて89-91、残り3分半。
ここでもヒバートのフックが決まり、キャリアハイの29pts。

更にMIAは2回攻撃をミスし、ウエストが後半初となる
フック気味のショットを決めて93-91。残り2分となりました。

MIAはボッシュがFTを2本決め、93-93となると、
ポールが3PTミスしますが、ランスがリバウンド。
仕切り直しでアレンかがファールをしますが、その後ランスが
難しいパスを通そうとしてミス。
ウェイドに打たれますが、外れてヒルがリバウンド。
うまい事ドライブを成功させて、チャルマーズが腕を掴んでファール。

これまで0/3のFTだったヒルですが、ここで2本をしっかり決めて
2点リード。残り48.9秒からMIAポゼッションです。
何と言っても前の試合は2.2秒で負けているので、INDとしては
どんな攻めで来ても防がないといけない場面でした。

そしてMIAは同じ様にレブロンで攻めて来ますが、
アレンへパスを出そうとした所で、ウエストが腕に当ててスティール。
ファストブレイクで走り出しますが、レブロンも戻って来たため、
シュートには行かず、時間を使います。ヒルがボールをキープしますが、
最後ポールにパスをした所でウェイドのギャンブルディフェンスが
成功し、24秒バイオレーションを取られてしまいました。

不幸中の幸いと言えますが、時間だけは使い切ったのでまだ良かったのでしょう。
そして17.6秒からMIAボールでスタート。前の試合と同じ様に
レブロンがドライブしますが、今度はポールがしっかりと止め、
レブロンがパスを出しますが、ここでまたウエストが触ってヒルがキープ。

まさかの2連続TO、そしてヒルはこのFTも2本決めて4点リードとなりました。
最後MIAはボッシュが3PTを打ちますが、外れて、アウトオブバウンズとなりますが、
これは最後にウェイドが触っていたため、INDボール。
残り1.6秒ではどうすることもできず、INDはキープして終了。

まずは2試合連続でチャンプ相手に互角の戦いをしたチームに
拍手です。そして、何度追いつかれても、逆転されてもやり返し、
最後はディフェンスで締めるという、最高のゲームとなりました。

プレイオフに入る前に連敗してたチームですが、
いつのまにアウェイでこんな試合ができるように成長したのでしょうか。

全員のステップアップが見られますが、今日はヒバートですかね。
いや、ポールももちろん素晴らしかったですが、ヒバートがコンスタントに
点を取り続けてくれて、相手のリードを広げさせずに追いつく等、
とても重要なポイントでした。

今日は乱発してきた3PTも5/12と少なく、ウエストが好調でなくても
勝つ事ができました。TOも20から13に減り、FTも8割越えと
全員でもぎ取った勝利です。

ただ、昨年もここまではきました。更に2勝1敗までは進んだんです。
これで有利になったとは思いませんし、ホームで確実に勝たなければ
なりません。チャレンジャーには変わりませんが、must winの
プレッシャーに負けずにいられるかが課題ですね。

また、ゲーム1の最後、レブロンを抑えていれば2勝0敗だったのに、
とは思わないことです。アレがあったからこその今日の勝利だと思います。

IND 97 - 93 MIA 20022
Pacers 1-1
 FG 33/66(.500) 3PT 5/12(.417) FT 26/32(.812)
 11/28=39reb 18ast 6stl 13TO 3blk

P.ジョージ 22pts(9/16) 6ast
D.ウエスト 13pts 7reb 3ast
R.ヒバート 29pts(10/15) 10reb
L.スティーブンソン 10pts 8reb 5ast
G.ヒル 18pts 5reb 3ast3stl

Heat 1-1
 FG 34/73(.466) 3PT 7/22(.318) FT 18/26(.692)
 10/22=32reb 14ast 4stl 14TO 4blk

L.ジェームズ 36pts 8reb 3ast 3stl
U.ハスレム 1pts 3reb
C.ボッシュ 17pts 5reb
D.ウェイド 14pts 6reb 5ast
M.チャルマーズ 6pts 5ast
---
で、このゲームについては触れておきたい事があります。
twitterの方ではリアルタイムの為、汚い言葉を使って罵声を
浴びせていますが、実際に同じ時間に見た方でも同じ様に
思う方が多くいらっしゃったようですし、2年連続でやられるというのも
どうもスッキリしません。

ドウェイン・ウェイド:2年連続悪質ファール
ランス・スティーブンソン:2年連続被エルボー

まずランスについては昨年はピットマンとかいう暗殺者に
首元にエルボーを食らいました。それでも退場にならないという
すごいものでしたが、今年はウェイドにジャンピングエルボーを
後頭部に食らい、まさかのノーファールでした。

これについてはNBAがレビューを行うとのことですが、
まぁ見ていて腹の立つシーンでした。
レブロンとポールのスポ根ドラマ劇場があっただけに
余計に残念なシーンでありましたね。

昨年はDCを突き飛ばして退場、欠場処分なしでしたが、
今年はどうなりますかね。

ちなみに、
タイラーがウェイドの肩を押して倒れた時にはタイラーにテクニカル。
ヤングがレブロンに突っかかったらテクニカル。
これはすぐに取られましたが。

笛自体はどっちにも有利不利の時間があったと思います。
インサイドでMIAプレイヤーが倒れても笛がない事が多く、
ヒバートがそれで得点を伸ばしたのは事実ですが、そもそも
これまでがフロップだったのでは、という事かもしれませんね。
---
追記
ウエストのチャルマーズに対するエルボーの件を忘れていました。

まぁこれも酷いプレイですね。スクリーンの延長とも言えず、
こちらもノーファールでした。

レフリーも人間ですし、実際に現場で全てを把握するのは難しいと
思いますが、人数を増やすなり、時間はかかってしまいますが、
判定をもっと使うなどがあっても良いかもしれません。

どちらも悪質ですが、両方見逃したからいいでしょ、という問題でも
ないと思いますし、後から判定が変わっても勝敗は覆りませんからね。

こちらに何らかの裁定が加わっても文句は言えないでしょうね。
関連記事


コメント

  1. おじさん | URL | -

    Re:C-Finals Game 2 @ ヒート【NBA_Pacers】

    NBA公式サイトのハイライトではハンズブローのテクニカル、ウエストのスクリーンのシーンはあったにも関わらずウェイドのシーンはカットされていました。
    リーグの腐りっぷりが思っていたよりも深刻なんだと思わされましたね。

  2. ももクマReDD | URL | -

    跳び肘なんて

    ウェイドにはガッカリですが
    ランスが大事にならなくて良かったです

    ま、ウェイドのスタッツが以前の彼より高くないの事と、今回の愚かな行いが関係あるのか分かりませんが、リーグは誰もが納得できる裁定をして欲しいです。

    しかし、MIPの成長にはニヤけてしまいますね。
    彼の力だけで倒せる程マイアミは優しい相手では無いと思いますが、ホームでの連勝を祈らずにはいられないです。

    GO PACERS GO!!!

  3. メタルクウラ | URL | -

    初めて書き込みます
    ウェイドのはあれはどう見ても肘じゃなく手首から前腕辺りで
    しかもすぐ避けてるので軽い接触程度にしか見えません
    なんでエルボー扱いされてるか理解出来ません
    ネタとかではなく本当にエルボー扱いなんでしょうか?

  4. レジー、マーク | URL | -

    Re:C-Finals Game 2 @ ヒート【NBA_Pacers】

    ジョージとレブロンのタッチは素晴らしいシーンでした。あういうシーンは何度見ても良いものです!。冷静に公正な判断をして考えるとウエストのもウェイドも醜いプレイと取られます。がなぜかウェイドのほうのシーンがみれないのはなぜ?そこに不満を感じます。昨季のも大問題と(ランスもですが・・)思いました。公平な判断を求めたいものです。

  5. Boomer | URL | DXoj0M6o

    Re:C-Finals Game 2 @ ヒート【NBA_Pacers】

    初めまして。
    プレイオフで検索していてこのブログを見つけました。
    よろしくお願いします。

    Game3に行ってきます。今日はIndy500もあるのでインディアナポリスはお祭り騒ぎです。会場のフィールドハウスも、いつものゴールド一色ではなく、レースに合わせて白と青のTシャツでチェッカーフラッグ模様になるみたいです。楽しんできます。

    エルボーの件は、まだサスペンドの可能性もあるのかもしれませんね。
    http://www.cbssports.com/nba/blog/ken-berger/22302167/should-heats-wade-be-suspended-a-game-for-elbowing-stephenson

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > おじさん さん

    昨年のどれかの酷いプレイに関してもハイライトには
    乗ってなかったので知りませんでした、というコメントを頂いた
    記憶がありますが、今回もそうでしたか。。。

    暴力シーンを載せない方向かと思いきや、片方だけ載せないとなると
    いろいろ勘ぐられても仕方ないですよね。

  7. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ももクマReDD さん

    ウェイドは膝の状態が昨年以上に悪いという事みたいですし、
    思う様に動けない事でフラストレーションが貯まっているかもしれません。

    ただ、昨年も3試合目までは不調で、残り3試合で手が付けられない
    活躍をされたので要注意ですね。

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > メタルクウラ さん

    コメントありがとうございます。

    今回の件を見直してみると、確かに肘というよりも腕と言った方が
    正しいかもしれません。

    ただ、NBAの公式ページ(http://www.nba.com/games/20130524/INDMIA/gameinfo.html)でも
    "Wade landed a nasty elbow to the face of Pacers guard Lance Stephenson."という
    表現を使っています。

    彼らの体重を考えればあのスピードで後頭部にいきなり
    衝撃を食らったら「軽い接触」では済まないと思います。
    ウエストのチャルマーズに対する肘(こちらは100%エルボーでよいと思いますが)も
    同様です。

    それに、NBAでは通常、ああいった相手の避け方って許されていないと思います。
    あれが許されるならスクリーンを突き飛ばしても問題ないという事になりますよね。

    問題はエルボーであるかどうかではなく、あの動きが通常のプレイの範囲を
    越えているという事になると思います。

  9. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > レジー、マーク さん

    あのシーンのあとにこれですからね。残念です。
    映像ではないようですが、一応レビューはするということなので
    それは進歩かと思います。ウエストのエルボーも同様にするそうなので
    結果的に同じ裁定になるような気がしないでもないですが。。。

    マヒンミのレブロンに対する腕のつかみがフレグラント1という事を考えれば
    出場停止でもおかしくないということにはなりますが。。。

  10. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > Boomer さん

    はじめまして、コメントありがとうございます。

    なんと!現地にいらっしゃるんですね。。。
    INDY500の時はホテルが取れないと聞きましたが、ペイサーズも
    この時期まで残るとファンは大変ですね。

    チェッカーフラッグで青白なのですね。
    黄色ばっかりで飽きたのかと思いました。

    ブロック毎に違うというのはOKCがやっていましたが、
    一色とはまた違った雰囲気で良いかもしれませんね。

    観戦、どうか楽しんできて下さい。

    レビューの結果がどうなるか分かりませんが、
    あまり期待しないでおきます。
    彼が抜けたから勝てるという訳でもありませんし、
    かえって団結されても困りますしね。

  11. gocpgo | URL | -

    Re:C-Finals Game 2 @ ヒート【NBA_Pacers】

    インディアナはマイアミを倒せる可能性があるチームと思って応援してます(後はメンフィス)。ここまでも互角以上の内容。ホーム戻っても期待できますね。

    ただ一つ気になる点が。インディアナファンから見て、ジョージヒルはどうなんでしょうか。ゲーム始まった時からボール運びが全くできてなく、PGとして??に思えます。マイアミも明らかに狙ってプレッシャーかけてきてます。最後のTOは負けてたら戦犯ものでしたし、勝負所はジョージに預けて欲しいなと思いますね。




  12. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > gocpgo さん

    ヒルはPGとしては正直微妙だと思います。
    来季以降もゲームメイクのできるPGの補強は課題ですね。

    足の親指を痛めているそうですが、多少の影響はあるかもしれません。
    彼のシュート力を活かすにはやはりSGが合っていると思います。

    現状では彼しかいないのでやってもらうしかありませんが、
    ラストプレイでポールなのかヒルなのかがハッキリしないという点では
    相手も抑えにくくていいのかなとは思いますが、最近のポールの
    クラッチの強さを見るとポールの方が良いかもしれませんね。

    PGが確保できたらヒルはSGか6thマンで起用ができれば
    チームにとっては最も良い形かなと思います。
    ただ、何度もチームを救っているヒルを控えに回すには
    それ相応のPGの獲得が必要になってしまうと思いますが。。。

  13. メタルクウラ | URL | -

    返信ありがとうございます

    自分も公式でエルボー扱いされてるのは知ってます
    ですがどう見ても腕、いやむしろ手首にかなり近い位置の腕なのに肘扱いなのは疑問でした
    今でも肘だとは思ってませんが
    もちろん、当然危険で悪質なファウルだと理解してます
    ファウルに関してはウェイドを援護する気は一切ありません

    自分もINDを応援してる者として
    同じくINDを応援している方達が、やってもいない相手に(あくまでも肘の事)エルボーだエルボーだ
    と言うのは見ていてあまり気持ちよくなかったと言いますか
    ウェイドが汚いプレーをした事は事実だけど
    もっと汚い事をしたかのように書いて相手を叩くというのは同じファンとやってほしくない
    と思ったので書かせてもらいました


    何度も長文すいませんm(__)m

  14. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > メタルクウラさん

    個人的には、肘だからイメージが悪化するという風には考えてなかったので
    特に印象操作のつもりでエルボーと書いたつもりはありませんでした。
    そう捕らえられたなら申し訳ないです。

    この件については9割位の人がエルボーと言っていると思いますし、
    過去に彼がやってきた様々な行いがそういった印象を持たせてしまっているのも
    事実だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1848-4d47c21e
この記事へのトラックバック


New