相思相愛のポール&ヒバートとボーゲルのインタビュー【NBA_Pacers】

2013年08月29日 14:23

来季4年目、23歳のポール・ジョージがチームのリーダーに
なりたがっている事について、ダニー・グレンジャーに次いで
2番目に在籍期間の長いロイ・ヒバートはOKサインを出した。

ヒバートはtwitterで
「ポールがチームをリードしようとしている。最高にクールってやつだ。
 俺が彼の背中を支える。彼を支持するよ。」

とコメントするとポールも
「同じ様に俺も支えるよ。いつでも一緒だ!
 来週戻るよ。練習だ!」

ダニーの怪我というアクシデントを乗り越え、ポールを中心に
躍進した昨シーズン。2010年ドラフト組初のオールスター出場、
オールディフェンシブセカンドチームに、オールNBA3rdチーム。

ペイサーズの顔となったポールだが、NYKとのシリーズに勝った後の
記者会見ではスターター5人が並ぶという、バランスの取れた
チームでもある。

キャンプは9月28日に始まる。
ルーキー契約最終年となるポールに対して、チームは延長の意思を示しており、
ポールもシーズンが始まる前に決めたいとコメントを残している。

ポール
「心のもやもやを全部取っ払って練習に集中したいね。
 出来たらキャンプが始まる前に済むといいんだけど。」
---
また、フランク・ボーゲルがインタビューに応えています。

オフシーズンの動きについて
 まずはシカゴについて触れなければいけないだろうね。
 3年前のMVP、デリック・ローズが健康体となって戻ってくるということを
 忘れてはいけない。
 ブルズは彼抜きで我々のすぐ後ろをキープしていたんだ。
 もちろん、我々も強くなっているが、コーチシボドーが指揮をとる
 彼らはNo.1シードの候補と言っていいだろう。
 そして、マイアミ。ピアースやガーネットに加え、テリーやキリレンコといった
 ベンチを獲得したブルックリン、この二つのチームは特に要注意となる。
 そしてニックスもね。

ペイサーズのオフシーズンについて(スコラのトレードも含む)
 ああ、とても大きなトレードとなった。我々は全員興奮しているよ。
 ルイス・スコラと対戦するという事の意味をしっているからね。
 彼は何でもこなすことができる。タイラーが持っていたような
 勢いを与えることもできるからね。素晴らしい補強だよ。

 ソロモン・ヒルも良い感じだし、ワトソンはPGのアップグレードとなった。
 我々を苦しめたコープランド、彼の3PT砲撃は頼もしい。
 彼の様に背が高くてシュートの打てるプレイヤーは貴重だ。
 そして彼、ダニーが戻ってくるんだ。

ダニーについて
 本当に楽しみだね。調子良さそうに見えるよ。
 毎週状況を確認している。彼には完璧になって戻ってきて貰いたい。

ヒバートの巨大化について
 あの写真だね。やけに大きく見えるから合成かと思ったよ。
 しかし、昨日オフィスで彼にあったら本当に増量していたよ。
 オフェンスでの力強さに、低いダウンディフェンスが期待できそうだ。
 とても楽しみだね。

台湾とフィリピンにいくことについて
 数年前に北京と台北に行き、ホテルも道中もハイクラスだった。
 本当によくしてくれんだよ。マニラは訪れたことがないけど
 美しい街だと聞いている。現地に行くことや、世界にペイサーズを
 広げることを楽しみにしているよ。
関連記事


コメント

  1. cdc | URL | 3/2tU3w2

    Re:相思相愛のポール&ヒバートとボーゲルのインタビュー【NBA_Pacers】

    チームケミストリーについて言及する選手は多いですが、それを体現している選手が揃っているチームは稀です。INDはPOでの記者会見のようにそれを体現している選手が揃っているチームの一つだと思います。東の強豪としてBKNの名前が挙がっているますが、戦力で他を凌いでも、肝心のチームケミストリーの部分ではINDの方に一日の長があるかと思います。今回のインタビューにもその部分がうかがえますしね。

    勿論、CHIもまたティボドーHC指揮下でケミストリーを醸成してきたチームです。NBAの潮流がBKNのような寄せ集めタイプかケミストリータイプかのどちらに傾くかは、今季の結果が決するかもしれません。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > cdcさん

    若い選手がノリで仲良しっていうのはありがちですが、
    この和にウエストというベテランが加わってるのが今のチームの
    良いところだと思います。プレイ面ではたまにアホやりますが、
    コートの中でも外でも本当に重要人物になりました。

    BOSの様に集まって即優勝というのは稀でしょうし、BKNも初年度は
    苦労するとは思いましたが、そのBOSにいた二人がいるというのは
    なんとも不気味ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1937-303e808e
この記事へのトラックバック


New