T-Mac引退 & バトラーオフ2度目のトレード【NBA】

2013年08月30日 10:51

一時期に比べて少し動きがありますが、その都度チェックできずにいます。
晩年は怪我で思うような動きができませんでしたが、オールスターで
一人アリウープのを綺麗に決めて見せたトレイシー・マグレディが引退を発表しました。

トロントにいた時はビンス・カーターとの従兄弟コンビで注目を集めましたが、
その後お互いに色んなチームを渡り歩く事となりました。
二人ともミドルネームがラマーだったとHoopに書いてありました。

ラマーと言えばオドム。
過去に薬物依存に苦しんで行方不明だとかそうでないとか。
LACとの契約という噂もありましたが、そのLACはアントワン・ジェイミソンと
1年1.4Mのベテランズミニマム契約となりました。
LAL→LACの為、引っ越しの必要もありません。

【契約等】
HOU ロニー・ブリュワーと契約
アイバン・ジョンソン 中国へ

【トレード】
バックス-サンズ間
 MIL獲得 カロン・バトラー
 PHX獲得 イシュ・スミス、Viacheslav Kravtsov

 バトラーのトレードはなんか複雑ですね。
 FA解禁後にLAC-PHX-MIL間のトレードの一貫で
 LACからPHXに移籍しましたが、約2ヶ月後にもう一つの取引先の
 MILへ行くこととなりました。

【姉さん、事件です】
ATL マイク・バデンホルツァーが飲酒運転で逮捕
 去年でしたか、ジェイソン・キッドも飲酒運転で車を大破させていましたが、
 一歩間違えば大惨事になりかねません。ばれてないだけでやってる人も多いと
 思いますが、自らの事故でファンをガッカリさせないで貰いたいですね。
 
 飲酒とは関係があったかは知りませんが、過去にブルズのジェイ・ウィリアムズという
 将来が楽しみと言われていた選手がバイク事故で選手生命を絶たれてしまった
 という事もありました。事故に関しては様々な要因が絡むので
 運という一面もあると思いますが、飲酒運転に関しては防げる事ですからね。
関連記事


コメント

  1. 6rock9 | URL | -

    ヤオの次に指名されたデュークのPGでしたよね。

    かなり騒がれた記憶があります、フープサミットで田臥選手も一緒にプレイしたとか。

    デュークPG→事故と言えば白人のボビーハーリーもそうでしたね。

    T-MACにはお疲れさまを言いたいですね。

    彼の結局短かった全盛期が見れたことは幸せです。チームを勝たせることは出来ませんでしたが文句無しに凄かったです。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > 6rock9さん

    既にホワイトチョコレートのジェイソン・ウィリアムズがいたため、
    ジェイ・ウィリアムズを名乗ったということで余計に覚えています。
    実際にどこまで通用したかは分かりませんが、全盛期を見ることなく
    散ってしまったのは残念でした。

    T-Macは華のある選手でしたね。最初見たときはなんて眠そうな
    目をしてるのかと思ったものですが、プレイは一級品でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1938-bf64d59e
この記事へのトラックバック


New