プレシーズン最終戦 @ マーベリックス【NBA_Pacers】

2013年10月26日 13:46

アメリカからフィリピン、台湾への長距離移動を含んだ
プレシーズンも8戦目の最終日となりました。

他のチームのロスターカットが続く中、INDは
バトラーとアームストロングをキープしたまま最終戦を終了。
レギュラーシーズンが始まるまでにどうなるのでしょうか。

さて、今日の試合ですが、セカンドユニットの低迷、
第3Qの出だしも微妙でしたが、そこから盛り返しました。

まず第1Qはリードをできたのですが、ベンチタイムになり、
主にコープランドのショットが決まらず、逆にビンス・カーターにやられ
逆転されます。
時間配分としてはヒバートとポールを第1Qの12分出場させ、
後半はマヒンミ、スコラ、コープランドのフロントコートという
個人的には理想的なローテーションでした。
そして今日の試合はもうRSを見越した起用方法とも言えたと思います。

ソロモンよりもオーランドを使い、悪くはない動きをみせました。
ポールとヒルはフリーの3PTをしっかりと決め、ヒバートも
第1Qから存在感を見せました。

両者共に今シーズンから笛が厳しくなるというムービングスクリーンや
トラベリングを取られる時間もありました。

そして第3Q、待望のGo to guyが生まれます。
持ち過ぎだったり、打ち過ぎという感じは正直ありましたが、
ポール・ジョージはまさにエースの活躍をしてみせました。

今年のプレシーズン、ファールトラブルも多い中、
そこそこ点を取っている試合もありましたが、今日は
見事な集中力でした。ディフェンスも良かったですし
なんとも頼もしいゲームを見せてくれました。

・C.J.ワトソンが頼れるバックアップPGとなりそう
・Copeがいまいち上がってこない
・DAL実況は今もマヒンミをイアンとファーストネームで呼んでくれた
・そのマヒンミとヒバート、ランスのリバウンドが安定
 (取りきれない時間もありましたが)
・マリオンのフローターがうまい
・ビンスは今も滞空時間が長くサーカスショットを見せてくれた
・Cope vs クラウダーのプレデター対決はクラウダ−の勝利

5連敗と心配なプレシーズンでしたが、終わりは3連勝と
切り替えに成功でしょうか。
最後の3試合の失点は79、89、77と抑えていますし、
得点の方も102、107、98と差を付けての勝利となっています。

IND 98 - 77 DAL19107
関連記事


コメント

  1. ポチ | URL | -

    ジョージのこういう活躍を待ってました。圧倒的な存在感のエースに成長してもらいたいです。
    ところでヒートのオデン、怪我なく安定してプレイできるようならヒバート対策になり得るので脅威かもしれませんね。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ポチさん

    この試合は良かったですね〜
    この状態のポールがいてウエストやヒバートがいるという状態であれば
    MIAやCHIとも良い勝負ができると思います。
    これをキープしてこそのスーパースターですが、そこにたどり着けるといいですね。

    オデンはひとまず復帰。ここから1年間健康で頑張れるかが
    課題でしょうね。彼の全力プレイというのをほとんど見たことがないので
    一プレイヤーとして楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1976-704d6938
この記事へのトラックバック


New