Game5 vsブルズ【NBA_Pacers】

2013年11月07日 13:04

シーズン序盤の第一関門、2連戦目でシカゴ・ブルズと対戦がありました。
選手紹介はLPBBでは流れないので自分では確認できていませんが、
デリック・ローズが紹介された時に会場からいくらかのブーイングが飛んだそうです。

インディアナでのブルズ戦と言えば半分以上がCHIファンと言っても過言ではない程
CHIに対する歓声の方が多かったBLFですが、今日は違いました。
プレイオフかのような歓声でプレイヤーを後押ししたのです。
序盤、ヒバートがチャージングを獲られると、倒れたノアに対して
フロッパーチャントが起こりました。

第1Qを19-25でリードして終えますが、昨日と同じ様に
第2Qで大崩れ。24-12のダブルスコアで43-37で前半を終えます。
ローズのシュートが好調で5/9の12pts。
ペイサーズはランスが大乱調で0/7の0ptsでした。

そしてまた昨日と同じ様に第3Qで逆転し、残り1分12秒で55-63と
リードを広げたのですが、ハインリックの3PTにデンのジャンパーアンド1
更にファールを取られた事にキレたボーゲルがテクニカルを取られて
62-63と1点差に詰められて終了。最悪の終わり方でした。
ランスは1本の3PTを決めましたが、FG1/10、3TOという出来でした。
しかし逆に良くやってくれたのが、第3PGのはずのドナルド・スローン。
ワトソンの8ptsに次いで、FG3/4で7pts-4rebとチームを救います。

第4Q、スコラが2点を決めましたが、MDJが3PTを決めて65-65。
やはり嫌な所で決めてきます。更にヒバートがTO、ポールもブロックされ
デンのジャンパーで67-65と逆転を許します。

残り7分半、伏兵とも言えるスローンが9点目のジャンパーを決めて67-67。
デンにも2点返されますが、7分を切った所でランスが復活の3PT。
更にスコラがランスからのパスを受けてミドルを決めて69-72。

CHIがタイムアウトを取りますが、そのオフェンスをスコラがスティールし、
自ら走ってファストブレイクのレイアップを決めて69-74とします。
更にINDはオフェンスリバウンドを粘り、ランスが3本目の3PTを決めて69-77。

ジミー・バトラーも3PTを決めますが、ランスがFTを貰い1本目は成功、
2本目は外しましたが、ウエストがリバウンドを取り、ワトソンが3PTを決めて
4ポイント連取。72-83となりました。
その後もINDはスティールからの得点が何度も決まり、最後はオフェンスリバウンドを
とり続けてCHIにオフェンスの機会を与えず大差で勝利となりました。

これでINDはABA時代の1971-72以来となる開幕5連勝を達成。
また、ポールの開幕5試合連続20点オーバーは90-91シーズンの
レジー・ミラー以降初となる記録とのこと。

開幕連勝の記録がどこまで続くかというのは結構どうでも良いのですが、
この時点でCHI相手に負けなかったという事は大きいと思います。
ローズのライバルはMIAだけ発言で一番火がついたのは観客でした。

CHI 80 - 97 IND 18165
NBA.com
ルイス・スコラ、ドナルド・スローン、そしてランス・スティーブンソンによる
12-2のランでINDの勝利を後押しした。
スローンは17フィートの同点シュートを決め、ランスは3PTを決めて
リードを作り、スコラはそこからリードを広げる活躍を見せた。
更にランスはもう1本の3PTを決めて69-77となると、そこからの
追い上げはなかった。
前半7本全てのショットを外したランス。第4Qだけで12得点し
試合内で復活してみせた。
多くのミスもあったが、フィジカルにプレイし続けた結果かもしれない。

バックアップセンターのイアン・マヒンミは第3Qに左足首を捻り、
試合には戻らなかった。

ポール 39min 21pts(6/19) 6reb 3ast
ウエスト 31min 17pts 13reb 3stl
ヒバート 37min 8pts 10reb 3ast 5blk
ランス 31min 15pts 5reb 4ast 3TO
ワトソン 26min 11pts 4ast
スローン 21min 9pts 6reb 4ast
スコラ 15min 12pts 3reb
---
今日は褒めたい人がたくさんいますね。
ノアとブーザー相手になかなかインサイドで点を取れませんでしたが
ウエストはダブルダブル、ヒバートは5ブロックと見事な活躍。
ビッグマン以外にもゴール下へのドライブでほとんどファールが貰えず、
いとも簡単にカウントを獲得するCHIへのコールでボーゲルが
キレる場面もありました。

序盤にはウエストのパスミスだったはずがローズのクリアパスファールで
INDのFT2本+ポゼッションという微妙な判定もあり、
どっちのファンも見ていてイライラする場面が多かったと思います。

プレイヤー達が最後まで集中力を切らさなかったのは偉いですね。
TOも14と少なくはないですが、多少減りました。

相手を80点に抑え、自分たちはあと少しで100点という
理想的な勝利でもありました。終盤は良くリバウンドを頑張りました。
リードが広がり始めてからCHIは早撃ちが多くなり、
ローズ以外のシュートばかりだったように思います。
実際に第4QのローズはFG0/2でFTによる2点のみ。

前半の好調さを考えれば、ローズに打たせないで済んだのが勝因かもしれません。

ランスの復調、ワトソン&スローンの20pts(FG7/11)-7reb-8astは
かなり効きました。後は6/8のスコラですかね。ディフェンスが
いまいちと言われる彼ですが、今日はスティールから得点と
素晴らしい活躍を見せてくれました。

明日休んでTOR-BKNと連戦となりますので、ゆっくり休んでもらって
好調をキープしてもらいたいですね。
関連記事


コメント

  1. KAZU | URL | -

    Re:Game5 vsブルズ【NBA_Pacers】

    5連勝やりましたね。

    ポールはシュートが不調ながらしっかり20点以上とってくるところに成長を感じますね。

    ヒバートのブロックも相変わらず凄すぎますね。まさに守護神ですね。


    今日はスコラも良かったですね。移籍後一番の活躍じゃないでしょうか。この調子でいってもらいたいですね。

    次も勝って連勝を伸ばしてもらいたいです。


  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > KAZUさん

    ポールはタイミングの良い所での3PTが効きました。
    スコラとトレードされたプラムリーとグリーンもサンズで
    頑張っているようですし、ヒルとレナードに続き
    win-winトレードになりそうです。バードはほんとやり手ですね。

  3. わか | URL | -

    ポール、ランス不調ながら終わってみればそこそこのスタッツとは、成長を感じますね!
    今日のゲームはドキドキでした。
    スコラのスティールからの得点で、流れ変わりましたな。
    ともあれ5連勝!
    マヒンミは大丈夫でしょうか?
    怪我なくいって欲しいですね〜…

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > わかさん

    ポールもランスも良い所で3PTを決めてくれました。
    スコラのハッスルプレイは素晴らしかったですね。

    マヒンミは終盤にはベンチにいましたし、そこまで深刻では
    ないと思われます。
    後はヒルとダニーが早く戻ってきて貰えれば・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1987-a893668f
この記事へのトラックバック


New