怪我人続出【NBA】

2013年11月24日 04:22

昨日、現地11月22日は11ゲームが行われましたが、
内3試合で長期欠場の可能性のある怪我人が出てしまいました。

マルク・ガソル(MEM)
 左膝MCL損傷(内側側副靭帯) グレード2
 手術の必要はないものの、復帰時期未定。
 NOPのグレッグ・スティームズマが同様の症状で6-8週間の
 欠場中である。

アンドレ・イグダラ(GSW)
 ハムストリング負傷
 本人曰く「何かが弾ける感じがした」とのこと・・・
 思う様に歩けなかったようです。

 update
 左ハムストリングは完全に断烈していなかったようで、
 手術の必要はないそうです。

デリック・ローズ(CHI) 
 内側半月板の断裂
 ガソル同様、接触のない所で痛みが発生した様子。
 試合後は杖を突いて会場を後にしています。
 以前手術した左膝ACLとは逆足。
 先日ターフトゥが今も完治していないという記事を見かけましたが、
 膝とつまさきをかばったプレイによる影響なのでしょうか。
 今日LAでMRIを受けるとの事です。

 update
 内側半月板の断裂という診断が出ました。
 手術をする予定だそうで、復帰時期は未定。

3人ともチームにいなくてはならない存在なので心配ですね。
ガソル弟については一足先に診断結果がでましたが、断烈という
最悪のケースでなかったのは不幸中の幸いかもしれません。

こういった場合ってすぐにMRIを受ける事ってできないのでしょうかね。
約1日待たないといけないとは。何らかの制限があるのでしょうか。
タトゥーなんかは火傷や崩れの可能性があるらしいですが。

何はともあれ残る二人が重傷でない事を願います。
非常に残念です。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1998-78e63669
    この記事へのトラックバック


    New