Game17 @クリッパーズ【NBA_Pacers】

2013年12月02日 12:47

今日から西のロードトリップ5戦が始まりました。
昨日寝る前に偶然試合時間をチェックした所、日本時間の朝5時半
ティップオフという事を知り、慌ててアラームをセットしました。

5時半にセットしたアラームですが、起きたのは5時40分。
慌ててiPhoneで確認すると丁度試合が始まる所でした。
最初のタイムアウトまでそのまま確認し、その後PCへ移動。

眠いながらもテンポの早いLACペースであることが分かりましたが、
INDは良くシュートを決め、ヒル、オーランド、ポールに3PTが来ました。
第1Qを29-22で終えると、恒例のベンチ追いつかれタイム。

第1Qにウエストがドリブル後にクルクル回ってシュートを決めたシーンが
ありましたが、スコラにも同様のプレイが出ました。
更にスコラはもう一回狙いますが、今度はトラベリング。そう甘くはありません。

ジェイミソンに3PTを決められ、35-35と追いつかれますが、
ポールが調子良く、更にラストはヒバートが3PTを外しますが、ウエストが
拾ってそのままブザービーターを決めて53-47で前半終了。
やはりLACペースであることには変わりませんでしたが、良く耐えました。

第3Qはウエストが14点、ポールが7点を稼ぎ出し、一時リードを
14点まで広げますが、LACもグリフィンとポールが得点し84-74止まり。

第4Q序盤はランスがよくヒバートを使い、LACの追い上げを
かわしますが、ジャマール・クロフォードに火が付きました。
ここまで10点ながらも3/13というFGでしたが、第4Qは3/6で10点を追加。

更に元INDのダレン・コリソンもファストブレイクのダンクを決め
残り4分49秒には94-94の同点にされてしまいました。
ヒルが3ポイントプレイで97-94、グリフィンがFTを2本決めで97-96。

残り3分になった所でヒルの3PTに対するDCのファール。
クラッチタイムのFTは結構外すヒルでしたが、今日は3本決めて4点リードへ。

LACはCP3で攻めてきて、ディフェンスがスイッチされてウエスト対CP3へ。
頑張って守りましたが、ジョーダンにプットバックダンクを決められて100-98。
ウエストがずれた事により、ボックスアウトができませんでした。

INDはオフェンスに苦しみ、ヒルが3PTを放ちますがミス。
ファストブレイクで攻められましたが、DCがステップアウトでターンオーバー。
助かりました。更に両者ミスした後、ウエストがシュートを打ちますがミス。
しかしポールがリバウンドを取り、ゴール下に走って来たヒバートに渡すと
シュートは外れましたがファールを貰いました。このFTを2本共決めて
残り1分14秒で102-98。

タイムアウト明け、LACはそこまで時間を使わずにジョーダンのアリウープで
2点差に詰めてきます。ここでもINDはランスの3PTという確立の高くない
オフェンスを強いられミス。その後、CP3がシュートを打ちましたがミス。

このシーンだったと思いますが、じっくり組み立てようとするプレイヤー達に
急げ急げと言っているようなジェスチャーをし、地団駄を踏むドク・リバース。
彼の望んだオフェンスでは無かったようで、結果的にCP3も外しました。

ヒバートがリバウンドを取り、タイムアウト明け、ポールが打ったシュートは
外れますが、ヒバートがチップに絡み、それも外れますが、弾いたボールを
ウエストが更に弾いてランスの元へ。ってこれランスのリバウンドになったんですね。
ウエストがパスをしたシーンだったと思いましたが。

ランスはファールされFTとなります。心配でしたが、1本目を決め、
2本目は外しましたが、ウエストがリバウンドに繋げて今度はヒルがFTラインへ。
これを2本共決めて105-100の安全圏へ。終盤のヒバートとウエストのリバウンドで
相手に攻撃のチャンスを与えずに逃げ切ることができました。

これで16勝1敗。相手はJ.J.レディックが右手骨折と肘の靱帯断裂で
6-8週間アウトという状況でしたが、勝ちは勝ち。
ロードトリップを白星でスタートすることができました。

・ポールのターンアラウンドフェイダウェイ、ステップバック3PTは見事だった
・そのポールについたレジー・ブロックというルーキー。
 ディフェンス要員として紹介されていたものの、3PTは決めるし
 今日はシュートをパーフェクトで決められた。
・CP3とデアンドレ・ジョーダンのピックアンドロールを守りきれず
 CP3を警戒するとすぐにロブでアリウープ、CP3に打たせると決められる
 これが続きました。(終盤は怪我の影響か外してくれましたが)
・DCからのハーフラインアリウープを決めたジョーダン。
 あれは後ろからくるボールに合わせてるので相当難しいはず。
 敵ながらあっぱれなプレイでした。
・INDはジョーダンとグリフィンに対するハックをせず。
 これに関してボーゲルは「守りきれると信じていた」とのこと。
 実際にグリフィンがFT打った時2本決めましたしね。
・この試合休日とはいえ、結構早い時間に始まりましたが、
 ステイプルズセンターは本日LAC戦とLAL戦の両方が行われる為です。
 ちなみにこの試合の後にLALと対戦するのは、明日INDと対戦するPORです。
 先に試合を終えたINDは既にポートランドに向かったようですが、PORはまだ試合中。
 この後移動という事で、同じ連戦と言えども条件がちょっと違います。
 (逆でなくてよかった・・・)

IND 105 - 100 LAC 19060

ポール 35min 27pts(10/23) 6reb 5ast 3TO
ウエスト 34min 24pts(11/22) 12reb
ヒバート 36min 19pts(8/16) 8reb 4TO
ランス 39min 7pts 10reb 6ast 3TO
ヒル 35min 11pts 5reb 6ast 3TO
---
NBA.com
27点のポール・ジョージ、24点、12リバウンドのデイビッド・ウエストが
ステイプルズセンターでの勝利を導いた。

フランク・ボーゲル
「素晴らしいバスケットボールチームの本拠地で勝てたのは素晴らしい。」

ペイサーズは17のオフェンスリバウンドの内、7個を第4Qだけで取り、
更にそのうちの4個は試合時間残り30秒を切ってからのものだった。

J.J.レディックを失ったクリッパーズは最大14点ビハインドを追いつき、
逆転するチャンスもあったが、クリス・ポールは3回のチャンスでミスした。
残り6秒でランス・スティーブンソンが2本目のFTを外したが、
ウエストによってリバウンドが取られ、ジョージ・ヒルにとどめの
FT2本を決められた。

ステイプルズセンターから来たに60マイルほどいったPalmdaleで育った
ポール・ジョージは第1、2Q共に9点ずつ取り、ウエストは第3Qに14点を稼いだ。
LACクロフォード、CP3、グリフィン、ジョーダンが二桁得点に乗せたが、
それだけでは足りなかった。

ドク・リバース
「ポール・ジョージは素晴らしいプレイヤーだ。前半気持ちよくプレイをされた。
 ジャマール(クロフォード)のオフェンスも良かったが、彼のディフェンスが
 勝ったようだ。」

試合前から、ポールを褒めていたリバースHC。
試合後もIND選手を労うかのように握手しに来てくれました。

CP3は通常通りであれば試合をクローズできたと思われるが、金曜日のSAC戦で
ハムストリングを痛め、その影響がでてしまった。

また、第3Qにスコラが打ったエアボールを追いかけ、グリフィンが
外に出る前に触ってしまい、アウトオブバウンズでINDに再び
オフェンスのチャンスを与えるという悪いプレイがあった。

LACはこれから7試合のロードトリップに出発。12月16日までホームの試合がなく、
その対戦相手はSASとなる。
---
これに関してはINDも5試合のトリップの後ホームでMIAなので
同じ様な境遇ですね。2試合ほど多いですけど。

今後の日程
月曜日 @POR
水曜日 @UTA
土曜日 @SAS
関連記事


コメント

  1. ポチ | URL | -

    西の優勝候補チームにこれだけ手堅い試合が出来るのですから、もう実力は本物ですね。もはや疑いの目はないはずです。
    少なくとも現時点では、我々のINDが最強ですよ。

  2. わか | URL | -

    やっぱりフロントコートが強いって素晴らしい‼︎
    ランス君がFTはずした時嫌な予感がしたんですけど、見事払拭してくれました。
    OKCやらSAS、MIAと強豪続きでタイトですが勢いで乗り切って欲しいですね。
    5割でいいかなと思ってましたが、欲が出てしまいますねf^_^;

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ポチ さん

    実力が付いて来たのは確かだと思いますが、
    今日みたいな試合でベンチメンバーが活躍できないというのは気がかりです。
    昨年もスターターの時間では結構勝負できていましたが、下げた時に
    落ち込むのは今年も変わりません。
    その為のスコラであり、ワトソン、使われていませんがコープランドのはずでした。

    彼らが奮起してスターターが楽に戦える様になると尚良いですね。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > わかさん

    アスレチックな部分ではグリフィンにもジョーダンにも劣りますが、
    ここぞという時のビッグプレイは今日はIND側に出ましたね。
    LACも合わせてPOR、OKC、SAS、そしてMIAと東西の頂上と
    一気に戦わないといけない不運な日程ですが、ここを5割以上で
    抜けられたら最高ですね。

    特にサンアントニオでは長い事勝っていない様なので
    ヒルに頑張ってもらってかつての師を倒す所が見たいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/2006-d7e0cdee
この記事へのトラックバック


New