Game41 @サンズ【NBA_Pacers】

2014年01月23日 15:46

RSの丁度折り返し地点は今シーズンタンク予測されていたのに
プレイオフ圏内にいるという良い方に予想を裏切ったサンズ。
スコラとグリーン、プラムリーのトレード後、初の対決となりました。

試合前はフライの3PTさえ抑えれば、と甘いことを考えていましたが、
そのフライに最初に3PTを決められ、チーム全体でのられてしまいました。
終始サンズペースで今季最多失点での敗北。ディフェンスが全く通用しませんでした。

彼らはスクリーンをうまく使い、フリーの選手を作ったり、
ドラギッチの速いドライブから自ら決めたりパスを出したりと
好き放題やられて気付いたらあっという間に大量リードを
作られていました。

P.J.タッカーのディフェンスでも26点取ったポールは
数少ない良かった点ですが、3PTは1/6、FTも序盤から2本落としました。
ウエストは途中で右手首を痛めてロッカーに下がりましたが、
後半は戻りました。
ヒバートはまったく良い所がありませんでしたね。
ピック&ロールでやられたり、ファストブレイクでも
グリーンのダンクを見届けるだけなど、良い部分が本当にありませんでした。

ランスもドライブしても笛を貰えず、悪循環でした。
ヒルは途中で詰めた際によくFTを貰いましたが、周りのサポートが
なかったので好調サンズを苦しめるには至らず。

ペイサーズもFG38/75で5割は越えているのですが、
PHXは45/83の54%、更に3PTを11/16で68.8%という
ちょっと手の付けられない状態でした。

試合前にファストブレイクを得意とするPHXとそれを防ぐINDという
紹介がありましたが、今日は28点も獲られ、ここもやはり
サンズが好調故の結果と言えそうです。

ペイントも途中からやられまくって40-44と負けていますし、
次にリベンジできるかが鍵ですね。次の対戦は1/30とすぐです。

ロードトリップも終わってホームで今日みたいな試合にならないように
自分たちで支配してもらいたいですね。

一度13点差まで詰めたのに、そこから13連続失点で26点差にされた
時点でスターターを下げても良かったと思いますが、なんかずるずると
使っていたのが不思議でした。結果的には長いガベージタイムとなりましたが、
もっと早くても良かったと思います。

IND 100 - 124 PHX 16465

試合後、ポール、ランス、ダニーらがグリーンとプラムリーと
嬉しそうに挨拶してたのをみて少し嬉しかったです。
敗戦は悔しいですが、彼らの笑顔に救われました。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/2050-935eb686
    この記事へのトラックバック


    New