C-Finals Game5 vsヒート【NBA_Pacers】

2014年05月29日 16:31

1勝3敗で迎えたゲーム5。インディアナで相手の喜ぶ姿は見たくありません。

第1Qは良いスタートを切ることができましたが、最後ウェイドに
ブザービーターを決められて16-22で終了。
レブロンはシュートが決まらず、ファウルトラブルでベンチへ退きました。

しかし、第2Qに入ってからシュートが決まらず、あっという間に追いつかれ、
レイ・アレンの7連続得点で31-24。その後追い上げますが、ルイス、アレンの
3PTが決まり、42-33で前半が終わりました。
ペイサーズはこのQ11点しか取れませんでした。

第3Q、ヒバートがレイアップを決めた後、お互いに3PTの外し合いがあり、
ルイスに当たりが来ました。相変わらずFTを外すINDでしたが、
ヒバートのフックとFTで50-50とタイに戻しました。

更にポールがスティールからダンクを決めて逆転。
ハズレムにレイアップを決められますが、ポールが3PTを沈めました。
ランスのレイアップで52-57としますが、アレンがFTに3PTと
嫌らしい活躍をします。最後、いくつかINDの選択ミスがありましたが
ラッキーにもラストポゼッションを貰え、ポールがブザービーター3PTを決めて
57-64で終了。ここはちょっと痺れました。
レブロンは5ファウルでこのQ3分半しか出ませんでした。

レブロンを欠くMIAでしたが、ルイスとアレンが当たり日で
点差を離すことができませんでしたね。

第4Q、ポールの3PTや2本のスティールからのダンクなどが出ますが、
徐々に点差を詰められます。残り3分51秒にはレブロンの3PTで同点に
されますが、ウエストが決めて何とか2点リード。
ポールもプルアップジャンパーを決め、4点とその差を広げましたが、
まぁここからは壮絶な決め合いとなりました。
Game5.png
ルイス、ポール、ボッシュ、ポール、ルイスと3PTの嵐でした。
最後のルイスに関してはヒルの選択ミスの結果でもありました。
34秒でボッシュが3PTを外し、ヒバートがリバウンド、
前にいたヒルにボールが渡り、ファストブレイク気味だったのでレイアップに
いきましたが、レブロンにブロックされ、その結果ルイスの3PTが生まれました。

以前にもヒルはこういった形でブロックを食らった事がありました。
2点も大事でしたが、87-91とリードしていて残り30秒。
24秒使い切れば残り6秒にする事も可能でした。ゴール下は空いていましたが、
レブロンが迫ってきているのを見れなかったのは危ないですね。

フェイクを入れればファウルを貰えたかもしれません。
結果的に最後まで分からない試合となりました。

インバウンズをバティエにカットされ、審議の末INDボール。
次のインバウンズではポールがファウルをされ、FTとポゼッションという
絶好のチャンスを得ますが、FTミス。前の試合もそうでしたが、
FTミスが酷すぎます。

結局ファウルゲームでウエストに託されますが、ここでも1本ミス。
90-92でMIAボールとなってしまいました。

結果だけ言えばレブロンで突っ込んでからのボッシュの3PTが外れ、
最後はウエストのFTで勝ちましたが、運が良かったとしか言えません。

レブロンのファウルトラブルに関してはHome Cockingでしょうし、
7点という記録もディフェンスで守り勝ちした訳ではないので、
ほとんど意味を成さないでしょう。FGは2/10でしたが、「抑えた」
事にはなりません。むしろレブロンが24分しか出ていないこの試合で
最後まで接戦となった脆さが現状を表しているのかもしれません。

しかし、今日で終わらなかったというのも事実。
ポールに関しては第4Qだけで21ポイントとレジーの様な活躍を
見せました。ディフェンスからのダンクに3PTと、見ているファンを
虜にするようなプレイもありました。FTミスはいただけませんが。

これを持続させるのは難しいでしょうけど、それをやらないと
MIAに勝つのは難しいでしょうね。次はアウェイですし。

せっかく貰ったFTもチームで13/22では話になりません。
ランスがネタ的には色々とやらかしてくれていますが、
敢えて触れずにおきます。

MIA 90 - 93 IND 18165
関連記事


コメント

  1. ('-'*) | URL | lc7bE8lw

    レジーミラーがテイションプリンスにやられたすごいブロックを一瞬思い出しました,
    シュートするならダンクするべきところでしたね,危なかった‥・∀・

  2. のぶ | URL | -

    首の皮一枚・・・

    なんとかホームでのヒートの歓喜シーンにならなくてよかったですね。
    しかし前ゲームに続きFTの確率の悪さは致命的ですね・・・

    バスケットはこの「1点」の重みが最後に効いてくるスポーツですから。

    そして、ヒルがレブロンにブロックされ、結果3ポイントを決められる・・・時間の使い方が・・・
    30秒あるのですから、24秒ギリギリ使って相手がファウルゲームを仕掛けてくるのを待つことだってできたはず。

    そもそもワンマン速攻ほど相手にブロックされやすいものはないですし。

    まあなんとか勝って首の皮一枚つながりました。
    次の第6戦に全てをかけるくらいの気持ちでゲームに挑んでもらいたいものですね。

  3. NBADD | URL | L9s05DP.

    CF第5戦

    なんとか指一本引っ掛かった勝利でした…。
    良かった点といえばもちろん勝利できたことと、Pジョージの爆発ですね。ですがPジョージの爆発で繋いだINDより、ほぼレブロン抜き、アンダーセン欠場にも関わらず奮闘してきたMIAの方が正直魅力ある内容かもしれません。Pジョージが次も同じパフォーマンスをさせて貰えるとは思いませんし、レブロンもFOはないでしょう。1番痛いのはボッシュやラシャードのアウトサイドに対して無防備なところです。ウェストはともかくヒバートはちょっと酷いですね…。OFFでもインサイドは分があるはずですが、MIAの選手はよく守っているなと感心してしまいました。ローでのポストアップもGポジションの選手の寄りが上手く、囲まれています。
    IND勝利は喜ばしいのですが、MIAは2ピートなのに対し、INDはまだ何も成し遂げていないのに別のことににうつつを抜かしすぎでは?ジョージは罰金取られましたし、今日もランスはレブロンやスポルストラHCを茶化してましたね(´-`).。oO(はぁ、INDファイト‼︎いいとこ見せてくれ…

  4. Kazu @Sapporo | URL | -

    Re:C-Finals Game5 vsヒート【NBA_Pacers】

    今度はHome Cookingに助けられましたね。
    PGも終盤に大爆発して、
    ホームのお客さんに取っては良い一日になったのではないでしょうか。

    にしてもLanceはさすがですね。
    http://www.thescore.com/news/510427

    ↑のシーンとか、桜木花道さながら、相手ベンチに割り込んだり…。
    見ている分には面白かったです。

  5. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ('-'*) さん

    > レジーミラーがテイションプリンスにやられたすごいブロック

    ポールの活躍だけで良かったのに、色々凝縮されていますね。あの時は
    本当にダンクに行くべきでした。今回のヒルのはキープでしたね。

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > のぶさん

    本当にFTさえ決めていればこんな展開にならずに済んだと思います。
    決め続けていれば終盤にこんなプレッシャーの中でFTを打たなくても良かったかもしれませんね。

    INDが勝ったからと言って勢いの乗れるような試合ではありませんでしたが、
    ポールがもう一皮むけるチャンスでもありますね。
    敗退がかかった試合でこのカムバックは素直に素晴らしかったです。

  7. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > NBADDさん

    MIAはファイナルに向けてレブロンのいない時間の良い調整ができた位に
    考えているかもしれません。まだまだMIA有利ですし、次INDが勝ってようやく
    対等と言えそうですが、そこまで進めるかどうか。

    ランスに関しては相手を怪我させるようなプレイが出なければもう
    好きに暴れてくれていいです。方法は間違っているかもしれませんが、
    勝つために何でもやるという姿勢が見れたのは今のINDには重要かなと、
    超えこひいきで見ています。

    一連の行動で彼を嫌いという人もたくさん生まれたと思いますが、
    それについては否定できません。

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > Kazu @Sapporoさん

    このリンクのフレンズの写真の破壊力満点ですね。
    ありがとうございます。

    歴代稀にみるHome Cookingでした。

    レブロンがKDの必殺技で3本のFTを得た時はどうしようかと思いましたが、
    それをやるくらいには追い詰めていたのかなと。
    2回目はランスがよく引きましたし、レフリーがちゃんと見ててくれて助かりました。

  9. Kazu @Sapporo | URL | -

    Re:C-Finals Game5 vsヒート【NBA_Pacers】

    (連投失礼&レス不要です)
    Lanceに関して案外大きな扱いになっているので追加させて下さい。

    本日の現地メディアを見ていると、
    Lanceの行為に対して様々な「評価」が下されていますね。
    (Birdのコメントなども大々的に紹介されています)
    LeBronの耳に息を吹きかけたり、MIAのHCの妨害(?)をしたり、
    近年稀に見るほど(可視化された状態で)好き放題やっていましたからね(笑)

    個人的には、Lanceのこの手の「パフォーマンス」は大好きですけど、
    (今までLeBronに立ち向かう「ヒール役」って居ませんでしたよね、多分)
    出来れば残りのゲームでも引き続きLeBronを完封して欲しいところ。
    それが出来れば、超土俵際からのドンデン返しも有り得ます。

  10. akr | URL | -

    Re:C-Finals Game5 vsヒート【NBA_Pacers】

    私も、LANCEのパフォーマンスは有りと思ってます。
    ギリギリのとこでの何かを仕掛けなければ、レブロンは。
    相変わらずクラッチは避けるタイプみたいなので、充分効果ありかと。

  11. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > Kazu @Sapporoさん

    コラ画像だけは眺めていますが、いろんなコメントまで
    目を通していませんでした。

    プレイオフで分かりやすく立ち向かったのはダニーでしたね。
    2年前の彼は闘志むき出しでした。レブロンを止めるには至りませんでしたが、
    あんなに熱かったのかと思う位でした。ヒール役という感じではありませんでしたが、
    元々レジーファンだったので、あの時代を考えると可愛いものですね。
    マローン対ロドマンなんて実際にプロレスにまで発展しましたし、
    本当にランスは賛否両論だと思います。

  12. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > akrさん

    MIAファンにとってはうざったいでしょうけど、そう思わせているなら
    ある意味成功ですね。怪我させてる訳ではありませんし。
    しれっと肘を食らわせたチャルマーズの方が余程危ないです。

    クラッチに関しては昨年の2秒の件があるので特に突っ込めません。
    FG不調、周りの3PTが当たってたという事を考えれば、自分がおとりになって
    フリーの味方にパスはアリかなと思います。

    が、どう考えてもあのままレブロンが突っ込んで来た方が怖かったですよね。
    下手したらカウントでやられるところでした。あのプレイは助かりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New