NBAドラフト2014

2014年06月30日 12:46

先週はほとんどネットでの情報を追えない状況にいた為、
ドラフトも見る事ができませんでしたが、ようやくチェック。
以下個人的なメモ用です。

1. CLE アンドリュー・ウィギンス SF カンザス
2. MIL ジャバリ・パーカー SF デューク
3. PHI ジョエル・エンビード C カンザス
4. ORL アーロン・ゴードン PF アリゾナ
5. UTA ダンテ・エグザム PG オーストラリア
6. BOS マーカス・スマート PG オクラホマステイト
7. LAL ジュリアス・ランドル PF ケンタッキー
8. SAC ニック・スタウスカス SG ミシガン
9. CHA ノア・ヴォンレー PF インディアナ
10. PHI→ORL エルフリッド・ペイトン PG ルイジアナ・ラファイエット
11. DEN→CHI ダグ・マクダーモット SF クレイトン
12. ORL→PHI ダリオ・サリッチ PF クロアチア
13. MIN ザック・ラヴィーン SG UCLA
14. PHX T.J.ウォーレン SF ノースカロライナステイト
15. ATL エイドリアン・ペイン PF ミシガンステイト
16. CHI→DEN ユサフ・ナルキッチ C クロアチア
17. BOS ジェームス・ヤング SG ケンタッキー
18. PHX タイラー・エニス PG シラキュース
19. CHI→DEN ゲイリー・ハリス SG ミシガンステイト
20. TOR ブルーノ・カボクロ SF ブラジル
21. OKC ミッチ・マクゲイリー C ミシガン
22. MEM ジョーダン・アダムス SG UCLA
23. UTA ロドニー・フッド SF デューク
24. CHA→MIA シャバズ・ネイピア PG コネチカット
25. HOU クリント・カペラ PF フランス
26. MIA→CHA P.J.ヘアストン SG Dリーグ
27. PHX ボグダン・ボグダノビッチ SG セルビア
28. LAC C.J.ウィルコック SG ワシントン
29. OKC ジョシュ・ヒュースティス SF スタンフォード
30. SAS カイル・アンダーソン SF UCLA
31. MIL ダミエン・イングリス SF フランス
32. PHI K.J.マクダニエルズ SF クレムゾン
33. CLE ジョー・ハリス SG ヴァージニア
34. NYK クリーンソニー・アーリー PF ウィチカステイト
35. UTA→MEM ジャーネル・ストークス PF テネシー
36. MIL ジョニー・オブライアント PF LSU
37. TOR デアンドレ・ダニエルズ SF コネチカット
38. DET スペンサー・ディンウィディー PG コロラド
39. PHI ジェラミー・グラント SF シラキュース
40. MIN グレン・ロビンソンIII SF ミシガン
41. DEN ニコラ・ヨキッチ PF セルビア
42. HOU ニック・ジョンソン SG アリゾナ
43. ATL ウォルター・タヴァレス C スペイン
44. MIN→BKN マーケル・ブラウン SG オクラホマステイト
45. CHA ドワイト・パウエル PF スタンフォード
46. WAS→LAL ジョーダン・クラークソン PG ミズーリ
47. PHI ラス・スミス SG ルイヴィル
48. MIL→ATL ラマー・パターソン SG ピッツバーグ
49. CHI キャメロン・ベアストー PF ニューメキシコ
50. PHX アレック・ブラウン C ウィスコンシン・グリーンベイ
51. NYK タナシス・アンテトコウンポ SF Dリーグ
52. PHI ヴァシイェ・ミシッチ PG セルビア
53. MIN アレッサンドロ・ジェントリー SG イタリア
54. PHI→SAS ネマンヤ・ダンビッチ SG セルビア
55. MIA→OKC セマジ・クリストン PG ゼイビア
56. DEN→ORL デヴィン・マーブル SF アイオワ
57. IND→NYK ルイス・ラベイリー C フランス
58. SAS→PHI ジョーダン・マクラエ SG テネシー
59. TOR→BKN ゼイビア・ターメス SG サンディエゴステイト
60. SAS→BKN コーリー・ジェファーソン PF ベイラー

相変わらず読めない名前が多く、適当です。
INDはフランス人センターをピックしましたが、NYKとの金銭トレードで
ルーキー獲得とはなりませんでした。
関連記事


コメント

  1. のぶ | URL | -

    Re:NBAドラフト2014

    CLEはウィギンスを獲りにいきましたか。
    もっぱらパーカーかな?と思っていたので・・・
    ウィギンスは線が細いのでSFとしてやっていくのならビルドアップは必要ですね。でも114cmの跳躍力は魅力です。

    昨年ベネットで今のところ失敗ですから、アービングの引きとめをするために結果を出さなければいけない年ですね。あとアービングとうまくいっていない感のウェイターズは放出したほうがいいかもしれません。

    PHIはエンビートを獲りましたね。ノエルが未知数で、本人も怪我。
    しまいには「i’m a LAKER」発言なんかしちゃって物議をかましてくれましたね。もう1つの指名権はSGを指名すればいいのにと個人的には思っていたのですが・・・・

    残念ながらペイサーズは今回のドラフトは無縁でしたが、7月からバードがどういう手腕を発揮するのかが楽しみですね。

    ターナーをえさにして(サイン&トレードという手になりそうですが)誰を獲りにいくのか?
    ランスは契約最優先として。彼はいくらの値がつくのでしょうか??
    MAXはまずないとして、初年度7~800万ドルで後1000万ドルの契約ができればいいですね。

    以前コメントさせていただきましたPGのカルデロン、Cのチャンドラー案は先に持っていかれちゃいましたね。

    PGはコンボでないガードと契約できるといいですね~。
    ・ローリーは人気銘柄で高く付くから無理。
    ・ひざの大怪我をしてなおもしぶとくNBAに残っているショーン・リビングストンなんかいいかな?(もやしっ子だけど)
    ・バスケスやチャルマールズなんか外角がうまいし、パスもまあまあ。

    その他GSWでくすぶったクロフォード。ベテランのリドナーあたりがほしいですね。

    センターであれば、プレイタイムは少ないけどなかなかポストプレイがうまいグスタボ・アヨンはお勧めではないでしょうか。
    前に旧ホーネッツにいた選手だったんですが、FG率やリバウンドがなかなかよかったですよ。
    JOもいいかなと思いますが、怪我がちですし、フライやハウズ、ケイマンあたりは高くつきそうですから圧迫しているペイサーズはほしいけど手が出せないんでしょうね。ハウズだったらターナーをえさにトレードで獲れるかも??

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > のぶさん

    CLEはよく分かりませんが、2年連続で1位指名を獲得した事実だけを
    考えれば昨年の指名も無駄ではなかったかもしれませんね。
    タンクして1位を逃したチームよりは救いがありそうです。

    個人的にはチャルマーズはどんなに安くてもいらないですねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New