14-15シーズンのサラリーキャップ、タックスラインが決定【NBA】

2014年07月10日 14:12

現地も7月10日となり、FA契約が正式に解禁となりました。
同時に、2014-15シーズンのサラリーキャップなども決定しましたのでメモ。

ミニマムチームサラリー:$56.759M(キャップの90%)
サラリーキャップ:$63.065M  4.386M up
タックスライン:$76,829M   5.081M up

MLE(ミッドレベル例外条項):$5.305M 0.155M up(ラインを越えないチーム)
ML(ミッドレベル):$3.278M 0.098M up(ラインを越えるチーム)
ルーム例外条項:$2.732M 0.08M up

Salary cap for 2014-15 season jumps to $63 million

ちなみに昨年のメモはこちらです。
13-14シーズンのサラリーキャップ、タックスラインが決定【NBA】
関連記事


コメント

  1. のぶ | URL | -

    Re:14-15シーズンのサラリーキャップ、タックスラインが決定【NBA】

    サラリーキャップ決まりましたね。
    とりあえずペイサーズは今のところ72Mでしたっけ?

    先日ランスが5年44Mを蹴ったとなると、やはりバランスの悪いロースターを整えなくてはなりませんね。

    現在ロースター14人でしたよね?
    コープ・スコラ・ワトソンあたりを放出しないと、ランスとの再契約は厳しいものになってしまいそうです。そうなると12~13人になり、ミッドレベルを使ってもタックスオーバーしてしまう可能性が出てきます。

    おそらくバードはタックスぎりぎりの75Mで調整するのではないでしょうか??あと1人ですよね?

    でも、本当にランスと再契約をするのであれば、CJマイルズの契約よりも先にやるという誠意を見せるべきだと思うんです。
    ランスは5年55Mあたりで初年度9~9.5Mあたりの契約でいければいいのですが。

    それにしても同じDIVのキャブスはアービングにローズ適用MAX。
    さらに運のいいことにドラフトでウィギンスを獲得。
    これに加えて三角トレードでキャップスペースを大幅に空けてきました。
    TOであるバレジャオはおそらく再契約するとしても、本気でレブロンの奪還を狙っていますね。
    本人もヒートかキャブスに絞ったという情報も。

    もし、レブロンがCLEに帰ってくるとなると、更なるトレードを仕掛けてくる可能性が高いです。

    SFのギーや期待はずれ感のあるベネット。そしてアービングとの不仲が噂されているウェイターズをセットにして、ケビン・ラブあたりを狙う可能性が・・・・

    もしこうなったら来シーズンのセントラルはシカゴの出方がまだ不明ですが、3チームによるハイレベルな争いになりそうな予感がします。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    Re: Re:14-15シーズンのサラリーキャップ、タックスラインが決定【NBA】

    ランスに関しては5年提示という事で一定の誠意は見せたと思いましたが、
    こうもMAXオファーが飛び交う様では年10Mに届かない内容では難しそうですね。
    トレード画策中だと思いますが、そろそろ急がないと間に合わなくなりそうです。

    CLEはレブロンを加える場合はレイ・アレンとも契約することになりそうですし、
    若者のお手本とはなるでしょうけど、プレイタイムが減りますし、
    特にクラッチ時に任せるのはアーヴィング、アレン、レブロンくらいでしょうから
    チームの柱としての成長は時間かかるかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New