ジャバー先生【NBA_Pacers】

2014年07月25日 12:40

先日、カリーム・アブドゥル=ジャバーとヒバートが食事を共にし、
ジャバーから「ロイの助けとなるよ。」とコメントされておりましたが。。。



ジャバーがヒバート、KP、ウォルシュと主にBLFに・・・

更に



そしてこの動画・・・
#royhibbert55 great practice makes for lots of baskets
何がきっかけか分かりませんが、ヒバートのトレードはもうあり得ませんね。
是非修得してもらいたい!
関連記事


コメント

  1. nanorunamonai | URL | -

    Re:ジャバー先生【NBA_Pacers】

    ダンカン塾だけでなく、ジャバーにまで教えを乞うなんて贅沢ですね。
    来期はスカイフック見れたらいいですね~。

    オラジュワンの夏期講習が受けられるならそちらも是非受けてくれませんかね(笑)

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > nanorunamonaiさん

    簡単に修得はできないとしてもヒバートは幸せ者ですね。
    ウォルトン、ダンカン、ジャバーが先生とは。

    オラジュワン塾はお金払えば誰でも受講できるのでしょうかね?

  3. nanorunamonai | URL | -

    Re:ジャバー先生【NBA_Pacers】

    以前マギーが受けてたくらいなのでタイミングさえ合えば受けられるじゃないんでしょうか。

    ロケッツの専属になってたりしましたっけ?

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > nanorunamonaiさん

    マギーも。。。(笑)
    昨年は怪我で残念でしたが、また楽しみですね。

    今は分かりませんが大丈夫なのであれば入門してもらいたいですね。

  5. ('-'*) | URL | lc7bE8lw

    フックだけじゃなくてアップ&アンダーとかドロップステップも見れたらいいな〜と思います・∀・

  6. のぶ | URL | -

    Re:ジャバー先生【NBA_Pacers】

    やはりカリーム道場開催となりましたか。
    ヒバートさんなんて贅沢なことなのでしょう。

    オラジュワン道場はある意味「ポストプレイでのピボットスキルが向上する道場」ですが、カリーム道場はどんな道場になるのか注目です。

    ヒバートがカリーム伝家の宝刀スカイフックの後継者(その前にマジックが「ジュニアスカイフック」というのがありますが、スカイフックとは違うタイプのフックですね)になってくれることを期待しましょう。

    スカイフックは打てばリングの上から打ち下ろす感じになるので、ブロックすると全てゴールテンディングになります。(リリース前ならOKですが、身長が7-2の選手ですし、左手で相手ディフェンスがブロックできないようなフォームなのでブロックは困難です)

    しかし、このスカイフックには1つだけ弱点があります。
    右手にボールを持ちフックの体制に入る前(右手が上に上がる前)におろそかになってしまうんです。

    それを実践して見事にカリームにスカイフックを打たせないディフェンスをする選手がいました。

    その選手とは・・・ピストンズの悪党(ある意味パブリックエネミー)であったビル・レインビアです。(その頃のロッドマンなんてかわいいもんです)

    彼はカリームのフック体制に入る前にほとんどボールをはたいていました。(平面でのディフェンスをしていたということです)

    機会があれば88年のファイナルの6戦目(アイザイアの神がかりパフォーマンスを見せた試合)と7戦目を(ウォージーが「ビッグジェームス」と呼ばれるパフォーマンスを見せた試合)を見てみてください。

  7. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ('-'*) さん

    何かきっかけを掴んでくれているといいですね。
    完璧にマスターするのは難しいでしょうから。

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > のぶさん

    ヒバートがもたつかずにフックを打てるようになれば復活もあり得ますね。
    基本的には動きが鈍いですが、たまにゴール下でキレの良い動きをするときが
    あるので、いろいろ組み合わせてディフェンスし難いプレイヤーに育って貰えれば
    嬉しいです。

    ジャバーの現役時代には全く被りもしない世代でしたが、
    こういったレジェンドに教わる機会があるというのは、ヒバートも運が良いですね。

  9. のぶ | URL | -

    Re:ジャバー先生【NBA_Pacers】

    >たまにゴール下でキレの良い動きをするときが
    あるので、いろいろ組み合わせてディフェンスし難いプレイヤーに育って貰えれば嬉しいです。

    →そうなんですよね。昨シーズンのヒバートさんは「波が激しかった」といわざるをえない内容でしたからね。

    「スカイフック(練習中??)」「ベイビーフック」「ダンク」あと、短い距離でいいのでジャンパーが加わってくれれば、アンストッパブルなイーストのセンターになれる逸材だと思います。今のところはポストプレイはウエストさんの方が断然上ですね。(この人も元旧ホーネッツ・・・何度旧ホーネッツの選手はいい選手をうばわれたことか・・・)

    カリーム道場で自信をつけてもらえれば、ディフェンスでも存在感を出してくれるはずです。

    「バスケットはディフェンスから」ですよ。ヒバートさん。

    私はカリームのリアルタイムでのプレイは3年見ることができました。
    ・87年私がNBAを見るきっかけとなったボストンガーデンでのゲーム(マジックが左45度からバンクショットでブザービーターを決めた試合です)での「チーフ」ことロバート・パリッシュやアーティス・ギルモアとのおっさん対決。
    ・88年シカゴでのオールスターゲームでの第4Qでのスカイフック。
    ・同じく88年ホームでのボストン戦だったと思うのですが、両足ジャンプの変なスカイフック。(笑)
    ・そしてそのスカイフックを完璧にさせなかった88年ファイナルのレインビアのディフェンス。
    ・89年ファイナル第4戦での最後の1、2分でのザ・フォーラムでの「カリーム!!カリーム!!カリーム!!」ラストプレイを焼き付けるため、そして引退のラストゲームとなった別れを惜しむ観客の大声援。

    今でも忘れられないゲームです。

    もうあれから25年か・・・・

    そのカリームも67歳。まだまだ現役選手との1on1ならカリームもいけますよ(笑)

    同じ218cmですし、みっちり9月くらいまでやってほしいですね。

  10. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > のぶさん

    後半の崩れ方は異常でしたからね。
    シーズンを通して学んだこともあるでしょうし、ここで更に学んだことを
    次に繋げて貰いたいです。ある意味インディアナではラストチャンスに
    近い物があると思いますし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New