イアン君、圧巻の+43だったシクサーズ戦【NBA_Pacers】

2015年11月19日 13:01

今日は開幕11連敗中のシクサーズと対戦。こういう時に
初勝利をプレゼントするイメージのあるペイサーズなので少し心配でした。

序盤はやはりフロントコート対決で少しやられそうになります。
ナーレンズ・ノエル、ジャリル・オカフォーは荒削りではありましたが
存在感抜群でした。
そしてポールのシュートが外れまくり、ペースを掴みきれずにいましたが、
第2Q終盤からモンテ、マイルズの連続3が決まり42-33と9点リード。
タイムアウト明け、シクサーズはコートに6人目の選手を送りテクニカル。

Play by Playには"Too Many Players Technical - PHI"と
表示されております。
その後ポールも立て続けに決め始め、前半を52-38で終えました。

第3Q、ポールがこのQだけで21点を取り、ブローアウトコースへ。
シクサーズのT.J.マコーネルが時折良いプレイを見せましたが、
最後まで危なげなくプレイすることができました。

この試合何と言ってもPHIのTO29に尽きます。
ここまでミスしなければ案外良い勝負をしていたかもしれません。

ポールは8試合連続26点オーバーの
34ポイント、8リバウンド、5アシスト、4スティールと
あの怪我から完全に復活していると言って良いでしょう。

twitterで3J.Milesと公式にかかれるマイルズも20ポイント、
チェイスもベンチから15ポイント、ダンヒルもリバウンドを頑張り
10ポイント、7リバウンド。

ジョセフは若さ故かFG1/8でしたが、21分も出場できました。

この日、スターターとして出たラヴォイも7点、6リバウンドと
見事に応えてくれました。

そしてMCBOYさんからFT時の笑顔が消えたことを指摘されたイアン君。
ハックされることなくFT試投0。FG1本でしたがファストブレイクで
決めたこのレイアップはセンタープレイヤーとは思えないほど
なめらかなものでした。
そして2ポイントにもかかわらず彼の出ていた時間帯で脅威の+43という
ゲームハイの結果。
この指標だけで語ることはもちろんできませんが、ちょっとあまり出ない
数値ですね。

相手の29TOに隠れていますがINDも18と
褒められるものではありません。

そのうちの5個を記録したモンテですが、ヒルの不在を
見事に埋めてくれました。自身は7本しかシュートを打たず
9アシストとPGに徹してくれました。
マイルズの外が好調だったので打たせるのは基本ですが
こういうFor the Teamのプレイが広がっていくと良いですね。

112 IND - 85 PHI
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New