ブルズ戦【NBA_Pacers】

2015年11月30日 11:14

時間が経ってしまっているので軽く。

出だし以外は先手を取れたのが大きかったです。
ダンヒルが欠場でどうなるかと思いましたが、マヒンミが
頑張ってくれました。
ブルズもハック・ア・イアンをやってきましたが、
4連続で決めたり見事に打ち破ってくれました。

何よりもシカゴのビッグマン相手にリバウンドを51-47、
ペイント内のポイントも42-28とリードできたのが嬉しい。
ファストブレイクも21-5と大きく勝ち越し、
最大17点のリードを食いつぶすことなく、見事に勝利。

前半はマイルズが引き続き大当たりで16点。
後半は目立ちませんでしたが、相方のポールが33点8リバウンドと
暴れてくれましたし、目品身の15ポイントに加え、ベンチから
ラヴォイが12ポイント10リバウンドのダブルダブル。

しかしこの日のMVPはソロモンだったかもしれません。
得点こそ0ですが、苦しい時間帯に出てきてアシストにスティールと
流れをしっかり変えてくれました。

マヒンミとラヴォイしかいないなかで、マイルズやソロモンが
シカゴフロントコートを防ぎました。

しかしミロティッチの高い打点からのクイックリリースは
嫌な武器ですね。IND的にはアーロン・ブルックス不在もラッキーでした。
当たると止まらない選手苦手です。

CHI 92 - 104 IND

次はLAでレイカーズ戦です。
ヒバートとの初対決ですが、ポールはそれよりも
コービーとの対決を楽しみにしているそうですし、
ヒバートもペイサーズのメンツとは今は特に連絡を取っていないとか。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New