コービー引退宣言後のレイカーズ戦【NBA_Pacers】

2015年11月30日 14:38

ヒバートとダンヒルの古巣対決となるこのマッチアップでしたが、
試合開始数時間前にコービー・ブライアントが今シーズンでの
引退コメントを発表。

なんかそれどころではない雰囲気になってしまいました。

開始直後からリードを広げるヒッコリーペイサーズでしたが、
どうも雑で取りあえず打てば良いと言わんばかりのオフェンス。
終盤に至るまでにニック・ヤングの外が大当たりして
最終的に4点差にまで追い上げられます。

ロードトリップの初戦の為、あまり消耗したくない所でしたが、
ハック・ア・イアンもどうにか乗り越え、これで大丈夫かなと
思ったら、パンダ平和が見事な3PTを沈めて残り24秒で100-98。

ポールはファウルゲームのFTを全て沈めていきますが、あまり時間を使われずに
クラークソンにフローターを決められたり、コービーに振り向きざまの3PTを
決められてなんと1点差。

この後のFTもポールがしっかり決めましたが、3点差。
先ほどとは違い、少しドリブルしてからコービーが3PTを
放ちましたが、これが盛大に外れLAL万事休す。

ポールはちょっと乱発気味ではありましたが、ジャンパーや
フェイダウェイを良い所で決め、最後はFTをきっちり決めました。

最後1本ミスしなければ40点でしたが、ここの所得点が
本当に伸びています。モンテのレイアップもチームを救いました。

最後の最後はアレでしたが、コービーやはり持っていますね。
自分でもニヤニヤしていましたが。

試合前と後にはレジーともハグ。今日は解説ではなく、
客として見に来ていました。
試合終了後はINDプレイヤーもコービーの所へ次々と。
ヒバートとの挨拶はあったのか分かりませんが、
まぁ今日は本当にコービー一色となってしまいました。



IND 107 - 103 LAL
関連記事


コメント

  1. パーキンス | URL | -

    レジーとハグですか。
    ジャージーをひちきちぎってた乱闘が昨日のようですが時の流れは早いですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New