ターナーは1月上旬に復帰予定【NBA_Pacers】

2015年12月16日 13:54

11月11日のボストン戦で左手親指を骨折した
ルーキーのマイルズ・ターナー。髪型から勝手にパイナップルと
呼んでいますが、もう少しで復帰できるそう、とのこと。

骨折だけではなく、靱帯の一部も切れていたそうで
復帰に少し時間がかかってしまっているターナー。

「その時は早く治して試合に出たいと思ったけど、自分がすべき事は
 今の状況で強くいる事だと思った。仕方のない事で、怪我は
 ゲームの一部だからね。フラストレーションも溜まるけど、
 下半身を強化する時間に充てる事ができた。

 たくさんの時間ではなかったけど、徐々にゲームのリズムを掴み始めている
 ところだった。15分から20分のローテーションを与えられ、自分の役割を
 理解し、コーチとの信頼関係も築いている所でそれは起こってしまった。
 ここから強くなって戻ってこないといけない。

 しかし、みんなが私の周りにいてくれたんだ。
 ほぼ1年を欠場したポール・ジョージに、昨年多くの試合を欠場した
 ジョージ・ヒルがね。同じ経験をした先輩がいてくれたんだ。

 ジョージ・ヒルは「今は耐えるしかない」とアドバイスしてくれた。
 自分と同じ手術をしたこともあり、試合にはすぐに戻る事ができたともね。
 コーチングスタッフも同じ様に教えてくれたよ。ペイサーズの組織は
 本当に素晴らしい。」

チームメイトはターナーの成長を楽しみにしているし、
彼らがバックにいてくれるというのは心強い事と感じているようでう。

また、利き手ではないため、毎日試合の3,4時間前にはアリーナに行き、
シューティングの練習もしているようです。

「年明け頃には戻れるといいね。
 まだ時間がかかってしまうのはとてもタフだけど、今は
 コンディションを整えるしかない。」

既にいくつかの練習にも復帰しているターナー。

「特別に同情とかはしてもらっていないよ。
 飛行機に乗る時には(みんなの食べる)スティックパンやドーナツを
 用意しないといけないしね。

 みんなスティックパン大好きなんだよ。
 毎回30個は用意する。スペシャルなドーナツもね。

 怪我をしていても特別扱いはしてもらいたくない。
 片手で荷物を運ぶのはきつい時もあるけどね。
 いつもはジョー・ヤングが一緒にやってくれるんだけど、
 今はDリーグに行ってしまったから一人だ。
 すぐに戻って来るようだし、次のロードトリップには
 一緒に行けるといいな。」


状況こそ違えど、ポールも約1年の欠場経験があり、
こういった時のチームメイトのサポートは説得力があるかもしれませんね。
現に今「より強くなって」コートに戻ってきていますし。

プレイヤーとしての1年欠場はとても長いですが、チームリーダーとして
学ぶべきものはあったのかもしれません。怪我や病気になってしまった時こそ、
何かを得ようと努力するべきなのかもしれません。

PACERS’ TURNER ON INJURY, TEAMMATES AND … BREAD STICKS

⚠️ Late night Shenanigans ⚠️

Myles Turnerさん(@turner_myles)が投稿した動画 -

関連記事


コメント

  1. まめくろ | URL | -

    Re:ターナーは1月上旬に復帰予定【NBA_Pacers】

    19歳という若さ、
    ドラフト時にはもう1年大学で見たかった素材という評価もあり、
    試合にでて経験を積むよりも身体をつくる方が優先だと思っていました。
    リハビリが順調そうでなによりです。

    怪我がなければライジングスターズチャレンジを目指せたでしょうけど、
    将来オールスター本戦に出場出来るような選手になってもらいたいですね。

    オフェンスは同期のタウンズやオカファーにも引けをとらないと思っていますので、
    強靭な肉体とタフなディフェンスを身に着けてもらえれば・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New