パイナップル再出荷のブルズ戦【NBA_Pacers】

2015年12月31日 15:15

左手骨折のルーキー、マイルズ・ターナーが今日のブルズ戦から復帰。
来年初旬と予想されていましたが、思ったより早い復帰となりました。

が、勝てた試合を落としたという感じですね。
第4Q終盤にリードを奪えた所までは良かったのですが、
その後ジワジワ点を詰めるシカゴに対して蛭が痛恨のTO。
普通にドリブルしてただけなのにボールを失い、その後
ジミー・バトラーの3PTで同点に追いつかれ、最後25秒から
ペイサーズのオフェンスとなりましたが、特に練られてもいない様な
オフェンスで惜しいと思うことすらなくOTへ。

早めに打って相手に最後のオフェンスのチャンスを与えるという
展開にならなかったことだけは褒められます。

そしてOTには先行され、苦しい状況となりますが、
CHIもTOを連発。ソロモンのオフェンスリバウンドから
モンテが起死回生の同点に追いつく3PTを決めて100-100。
残り3秒でCHIボールとなりました。

あとは各自ハイライト等でご確認いただければと思いますが、
まぁ敵ながら見事なプレイでした。

対するINDも同じ様なセットをしかけますが、
ファウルを貰えずに終了。ヴォーゲルブチ切れでした。

前の対戦でも際どいプレイで終わりましたが、
今日はお互いに終盤の妙な笛が多かったので残念です。
もうちょっと確認して反映させても良い気がするのですけどね。

モンテの3PTもよく見たらライン踏んでるかもしれませんし、
ソロモンの左手でガソルを押しのけたのもオフェンス側のファウルだったかも
しれません。そしてギブソンは確実に横から手を叩いていたのに
ノーファウル。そして最後のポールとバトラー。

FT貰っても2本決められる確証もありませんし、それ以前に
シュートを決めてTOを減らせばあのまま勝てたはずでしたからね。

この試合、マイルズは腰痛で欠場、ダンヒルはDENTAL WORKという
珍しい欠場、そしてマヒンミが試合中に膝を痛めて試合に戻れず。
せっかくターナーが復帰したのにマヒンミがいなくなってしまっては大変です。
軽症である事を願います。

IND 100 - 102 CHI
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New