1stR Game 1@ラプターズ【NBA_Pacers】

2016年04月17日 05:24

2016プレイオフの一番最初の試合に組まれたペイサーズvsラプターズ。

前半は両チームのエース達がなかなか酷い出来で、マヒンミが
ファウルトラブルという厳しい展開でしたが、ターナーがブロック量産。
2点ビハインドで済みました。

ハーフタイム中にフィルムを見て修正をしたというポール・ジョージが
第3Qに17点と復活。マヒンミのファウルトラブルは続きましたが
TORもヴァランチュナスがファウルトラブルでした。
エースの復活したINDとは逆にデローザンもラウリーも沈黙したまま。
ベンチから出てくるコーリー・ジョセフの方がやっかいでした。

そして第4Q、ポールのアイソレーションからのポイント、
ターナーへのゴール下へのパスでリードを広げ、
終盤に10点ものリードを奪いました。

こういう展開に弱いINDでしたが、プレイオフの初戦を
取れないTORのジンクスもなかなかのもので、試合はそのまま
INDが勝ちました。

ポールが33ポイント、4リバウンド、6アシストと
文字通りエースの働き。オフェンスでもディフェンスでも
デローザンを制してくれました。
モンテ、ヒル、ターナー、ソロモンが
二桁得点とこの上ないスタートを切れました。

なかでもソロモンのFT10/10はすばらしい。
100%ということよりも10本もFTを打った事、
ヴァランチュナスからファウルを奪えた事は勝因の一つでした。
ターナーも初プレイオフながら10ポイント、5リバウンド、
5ブロックとマヒンミの穴を見事に埋めました。

まさか初戦から26分も出場できるとは。持ってますね。

TORはエース二人がこのままずっと不調ということはないでしょうし、
ヴァランチュナスとビヨンボのインサイドはやはり脅威。

ポール以外にもっと活躍できる選手が出てこなければ
記念の1勝で終わる可能性もあります。
失うものは何もない下位シードでの出場なので
精一杯頑張ってもらいたいです。

IND 100 - 90 TOR
追記
・ヘタクソなファストブレイクは修正すべき
・試合後にヘラヘラせずに浮かれていなかったのが好印象
 ポールのカンファレンスファイナルでの経験はやはり
 財産なのかもしれない
関連記事


コメント

  1. MCBOY | URL | -

    フルで観ました!
    まず、31さんのブログ内容が要点を完璧にまとめていてびっくりです。さすがだと思います。
    ポールがスイッチ入れてますね。顔つきが良かったです。今年こそ本当のエースになってほしい!!特に終盤、ターナーとの息が合っている場面が多く見ていて楽しかったです。ポールは速くてノールックで難解なパスが多い気がするんですがターナーは受け手としてバッチリの様に見えました。
    次、絶対に油断しないでほしいです。頑張れペイサーーーーズ

  2. ウパ | URL | -

    お久しぶりです!
    ターナーいいですね~♪
    記事楽しみにしています!!

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > MCBOYさん

    昨年プレイオフに出場できなかった悔しさがバネになっているのかもしれません。
    前評判も高くありませんし、INDが勝ち上がるという予想が少ない中、
    こういった形で再びNBAのトッププレイヤーを目指せる舞台に立てているのは
    ファンとしても嬉しい限りです。

    ターナーもプレイオフデビューで5ブロックとはなかなか持っています。
    が、マヒンミもヴァランチュナスもそうでしたが、ブロックではなく
    ファウルとされてしまえばそれまでですし、特にターナーのこの好調が
    続くのは難しいと思うので、いかにチームとしてヴァランチュナスと
    ビヨンボのリバウンドを防ぐかが攻略の鍵かもしれません。

    下位シードとして、これ以上ないスタートを切れたのは確かですので
    相手が修正する前にもっと勢いを付けてもらいたいですね。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ウパ さん

    ターナーは出来過ぎでしたね。
    マヒンミをうまくカバーしてくれたので助かりました。
    次はもっとマヒンミにも頑張ってもらいましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New