オリンピックを終えて【NBA_Pacers】

2016年08月26日 11:38

悪夢の様な怪我から金メダル獲得を果たしたポール・ジョージ。

怪我の映像を見たとき、彼の選手生命はこれまでかと思いました。
骨折から復帰を果たしたプレイヤーはたくさんいますが、
あの瞬間、そう思ってしまう程、衝撃的な映像でした。

14-15シーズンの終盤に復帰を果たし、昨シーズンは
チームをプレイオフに導き、ラプターズとのシリーズでは
敗退したものの、トップレベルで戦えることを証明。
何よりもRS最終戦の休息を除き、81試合に出場できたことが
まず嬉しかったです。

そしてオリンピックチームの選考時期。
プレイオフでの疲れや、ジカ熱を避けて候補者が次々と辞退。
候補者の中で選ぶには順当とも言えるポールの選出だったと
思いますが、それでなくてもポールが望みさえすれば
優先的にチームに入れる状態だったようです。

コーチKやチームUSAはポールのリハビリのモチベーションと
なると考え、早い段階でそう提案していたんだとか。

そして代表に選ばれたポール。
プレイタイムを見ても結構優遇されていたように思えます。
結構使ってくれていましたよね。
スターターでの出場もありました。
(その試合はあまり活躍しませんでしたが)

本人も怪我の後、インディアナに戻ってからの会見で、
2016年にブラジルで戦うつもりでいるとコメントしていましたが、
有言実行となりました。

元チームメイトのアルゼンチン代表ルイス・スコラとの
戦いにも勝利し、スペイン、セルビアを破って優勝。

そのセルビアとの一戦で、テオドシッチに対するポールの
ディフェンスが褒められているのを見て嬉しく思いました。
オフェンスでの安定感はカーメロやKDには及びませんでしたが、
しっかり存在感を示してくれました。

ナショナルチームに反対をしなかったバードやコーチにも感謝ですね。
また、女子はインディアナ・フィーバーのタミカ・キャッチングスも
金メダルを獲得。アテネ、北京、ロンドンに次いで4つ目の金メダルです。

こうしてインディアナに二人の金メダリストが誕生しました。


カンファレンスファイナルを戦ったチームメイトも去り、
ジェフ・ティーグ、サデウス・ヤング、アル・ジェファーソンらを
加えた新生ペイサーズでどこまでやってくれるか、16-17シーズンが
楽しみです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New