明日はメディアデー【NBA_Pacers】

2016年09月26日 17:40

結局ロスター問題がどうなったか深追いしていませんが、
明日はメディアデーのようです。

ソロモンの加入したペリカンズにランスとコープランドが加わり、
眉毛の復活と共に西で気になるチームになりそうです。

今期のペイサーズについてあまりよく考えていませんが
シーズンが始まる前に適当にメモだけしていきます。

ポール・ジョージ
 プレイオフでの活躍とオリンピックでのディフェンスがあれば
 セカンドチームは狙えると思うので怪我をせずに頑張って。

ジェフ・ティーグ
 怪我の回復具合が心配だけど、ATL時代に60勝を達成した
 チームの司令塔でもあるので期待はやはり大きい。
 来期以降の延長を決められるかが鍵。

マイルズ・ターナー
 レブロンへのブロックがキャリアハイライトとならないように
 もっと上を目指して欲しい。ナイスフレンチガイのマヒンミが
 いなくなってしまったけどサドヤンとアルジェファが来てくれたので
 全てを背負わなくても大丈夫。これはでかい。

サデウス・ヤング
アル・ジェファーソン
 うまく説明できないけどこの厚みは強い。(と思う)
 アルジェファ加入のインパクトはそこまで大きくないけど
 ウエストがINDに来た時みたいな驚きはあった。金額的にも。

モンテ・エリス
 トレードの噂が多かったし、シーズン中もずっとついて回ると
 思うけど腐らずに頑張って。ティーグが1番として頑張ってくれるので
 昨年みたいに1番やったり2番やったりと忙しくはないはず。

ラヴォイ・アレン
 ポールの次に古株となった(多分)ラヴォイさん。
 しかしフロントコート2枚追加にセラフィンゲットで立場危うし。

ケヴィン・セラフィン
 マヒンミが去った後、フランス要素が絶滅せずに継続。
 セラフィンを獲った事により、エヴァンスの加入が更に謎となる。

ジェレミー・エヴァンス
 シェインからロスターの座を奪ったものの、セラフィン加入。
 ラキームとのロスター争いセカンドラウンドに突入。

ラキーム・クリスマス
 シェインorラキームの第一次ロスター争奪争いに勝ったものの、
 セラフィン加入でまた難しい立場へ。

ジョー・ヤング
 セカンドユニットを任されると思ったけどブルックスと1年契約。
 ティーグと延長できた場合、更にスターターとしての望みが薄くなるため、
 ルーキースケールが終わったら出て行ってしまいそうな予感。

アーロン・ブルックス
 当たると怖いけど、自分勝手に打ってしまう印象のある彼。
 1年契約故に、次の契約を求めて自分勝手にプレイしないか心配。

C.J.マイルズ
 昨シーズンすっかり評判を下げてしまったCJ。
 しかし今のINDには唯一と言っても良いシューターなので
 怪我をせずにシーズンを戦い抜いて欲しい。
 東のスプラッシュブラザーズは禁句。

ロドニー・スタッキー
 ポール不在のシーズンは存在感抜群だったけど、
 昨年は怪我のイメージが強い。CJと共に復活が期待される。

グレン・ロビンソンIII
 サインがかっこいい

ジョージ・ニーエン
 出番はあまりなさそう。
-----
ポールの控えがCJというのが不安。
ティーグ、ブルックス、ヤング
モンテ、スタッキー
ポール、CJ
サドヤン、ターナー、アルジェファ

セラフィン、ラヴォイ、GR3、エヴァンス、ニーエン、ラキーム

16人いるのでもう一人いなくなります。
そんな中迎えるメディアデー。厳しい世界ですね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New