ティーグ復活のブルズ戦【NBA_Pacers】

2016年11月06日 11:24


注)ブルズは連戦2試合目のロードゲーム

前の試合でも良い動きを見せ始めていたジェフ・ティーグが
ホームのお客さんの前で求められていた動きを完璧に披露。
モンテはアシスト優先でゲームを作り、ティーグも
得点にアシストと良い形を作りました。
モンテはウェイドへのディフェンスも頑張っていましたね。

ベンチからは毎度安定のC.J.マイルズと、今日は効果的に
オフェンスに絡めたアル・ジェファーソン。
ダブルチームに来た所をうまく捌きました。

古巣相手にブルックスも2本の3PTを決めました。

今日は第1Q途中にモンテout、ブルックスin。
終盤にティーグout、モンテinで、第2Q頭もそのままで
進めましたが、なかなかよいのではないでしょうか。

今日はCHIがシュートを打っても良い場面で躊躇したり
ミス連発でINDも追いつかれずにすみました。
オフェンスリバウンドを取られ過ぎましたが、
なんとか耐えてくれました。
ターナーもブルック連発で0ファウル。

最近の課題を全部クリアできたような試合でした。

が、ポールはあまりボールを触れなかったのが原因か分かりませんが、
バトラーへのファウルを吹かれた際にボールを蹴って退場。
女性客に当ててしまった様ですが、すぐに謝罪してました。
今日みたいな快勝ムードで少なくともバトラーには2つの
チャージングが吹かれていて、イライラするような展開では
なかったと思います。こういった幼稚な部分は抑えないといけません。

今日は全員良い動きをできていたので詰められる事はありませんでしたが、
これで逆転負けとなったらどう責任をとるのか。
まだまだこれからですね。頑張れポール。

CHI 94 - 111 IND
今シーズンはどこもHPをリニューアルしてしまって見やすいBOXスコアが
見つかりません。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New