レブロン抜きのキャヴァリアーズ戦【NBA_Pacers】

2016年11月17日 12:57

今日は昨日も試合のあったキャヴスと対戦。
レブロンとJRがお休みというペイサーズにとってはラッキーな試合。

リバウンドを51-40と差を付けられたものの、CLEが18TO、
更にチームで12のブロックでディフェンスが効いた形となった。
またしても相手は連戦なので、手放しでは喜べない。

ボールがよく回るシーンも多かったし、今日はFG5割と
調子良かったので、最後崩れずに終われて一安心。

馴染んできたジェフさん
「勝ちが必要だ。誰がコートに出ていようと心配はしていない。
 みんな出て行って仕事をする、それだけだ。」

アルジェファだけは少し心配ですね。
イージーショットは決めて貰わないと。

CLE 93 - 103 IND

ポール 21pts、11reb、5ast、2stl
 シーズン初のダブルダブル
ティーグ 20pts、4reb、8ast
 ここ5試合で18.8pts、6ast、FG.484
ターナー 12pts、8reb、4blk
 ファウルトラブルなしでやってくれるとやはり助かる
サドヤン 16pts、7reb
 良く攻めてくれた。リバウンドから自分で持って行けるのは魅力的。
モンテ 7pts、6reb、4ast、5blk
 ターナーを越える5ブロック
CJ 10pts
 終盤4点差にされてからのレイアップとその後の3PTで逃げ切り成功
ブルックス 9pts
 Q終了間際のオフェンスを2回も成功させたタフショット担当

ポールは足首がまだ若干痛むものの、問題ないとのこと。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New