【NBA】二人のブルックスが受賞

2010年04月23日 14:36

Oklahoma City’s Scott Brooks Named Coach of the Year
Rockets G Brooks NBA’s most improved player

ということでOKCのスコット・ブルックスHCがコーチ・オブ・ザ・イヤー、
HOUのアーロン・ブルックスがMIPを受賞しました。403ポイントでダントツ。
去年はグレンジャーのMIP受賞一人盛り上がりましたが、
今季はどの賞にも引っ掛かりがなくて少しさびしいです。

そこで、その他の候補者なんですが、
123がデュラント、SASのジョージ・ヒルとメンフィスの
マーク(マルク?)・ガソルが101ポイントずつとのこと。

デュラントって去年も候補に挙がってませんでしたっけ?
やっぱり3位に入っていました。
【NBA】08-09 MOST IMPROVED PLAYER【Pacers】

去年の時点でも既に成長した感があって受賞に至らなかったと
思うのですが、今季はMVPレースと同時にMIPにも
紛れてくるとはすごいですね。

MVPはやはりレブロンが持っていくのかも知れませんが、
デュラントの成長はすさまじいです。
そして今日、なんとサンダーがレイカーズを破りました。
前のゲームも非常に惜しいゲームをしていたので、ホームに
帰れば勝てるんじゃないかと思いましたが、本当に勝つとは。

1勝しただけで喜ぶのもどうなのかと思いますが、
この1勝ってものすごく価値のある1勝だと思います。
今季はダメでも来季に繋がるんじゃないでしょうか。
このまま2-2のタイになったら面白いですね。

そう簡単にはさせてくれないのがレイカーズなのでしょうけど。。。


さらに今日はブルズもキャブスを破りました。
東西1位チームが揃って負けるなんて珍しい事もあるものですね。

サンズ(2-1) 108 - 89 ブレイザーズ(1-2)
------
キャブス(2-1) 106 - 108 ブルズ(1-2)
 ハイライト見たんですが、、、すごい試合ですね。
 第4Qが始まった時には10点ビハインドだったキャブス。
 2分位まではブルズがリードをキープしていたのですが、
 残り38秒からの展開がすごかったです。

 104-99でリードしながらファールをもらったハインリックが
 2本のFTを外すと、レブロンが無理矢理3PTを沈め104-102。
 このショット本当に撃ち方としてはでたらめな部類でした。
 あれが入っちゃうようだとディフェンスのしようがないです。

 その後、ローズとバレジャオがFTを1本ずつ外し、残り8.9秒で
 105-103、ブルズ2点のリード。ここでブラッド・ミラーが
 2本のFTを見事に決めて107-103。これで勝負ありかと思ったら
 モー・ウィリアムスが3PTを決めて再度1点差へ。
 ファールゲームでデンがFTを得ますが、1本目を決めて、2本目を
 外しました。パーカーがリバウンドを取り、そのまま運んで
 シュートを撃つものの入らず。ようやくゲーム終了となりました。

 いやー、ブルズはタフなゲームを物にしましたね。
 やはりこんな白熱したゲームを経験できるのもプレイオフならでは。
 出場チームと既に休暇に入ったチームではどんどん
 差が出てしまうようで怖いです。 
------
レイカーズキャブス(2-1) 96 - 101 サンダー(1-2)
 レイカーズが10-0のランでゲームが始まったものの、
 終盤に逆転されサンダーの勝利。デュラントとウエストブルックの
 活躍が目立ちました。
------
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/24-784652c5
    この記事へのトラックバック


    New