ランスは日曜のキャヴス戦の前に加入か【NBA_Pacers】

2017年03月31日 00:06

---<追記>---
正式に発表となりました。
ラリー・バード
「ランスをまたチームに加える事が出来て本当にうれしいよ。
 彼がここに戻りたがっていたのをずっと知っていたからね。
 今、その時がついにやってきた。今シーズンの残りだけではなく
 長期に渡ってここにいてもらうのが楽しみだ。
 彼がオンコート、オフコートの両方で我々にもたらしてくれるものを
 十分に分かっているからね。」

---<追記終わり>---
まだ正式な契約には至っていない様ですが、
複数の報道によると、3年12Mの契約で合意しているとのこと。

今日の試合前にポールはランスと会話をしたようで、
試合後には「我々には特別な思い出がある。一度は離ればなれになったけど
また一緒にやれる。とても興奮しているよ。
彼はいつでもインディアナをホームと感じていたし、彼もまた一緒に
プレイできることを楽しみにしている。彼はこのチームを
助ける事が出来ると確信している。
彼が戻ってくるのが待ちきれない。インディアナとファンも彼が
ペイサーズのジャージを着て戻ってくる事が楽しみだと知ってるよ。」とコメント。

ポールは以前ペイサーズでランスとプレイした唯一のプレイヤーとなっている。
何人かのチームメイトはランスを迎え入れることを楽しみにしていると
語ったとのこと。

モンテ・エリス
「我々には彼が必要だ。ハードにプレイし続けなければならないし、
 共にプレイする必要がある。ボールをシェアし、ボールを動かし、
 一緒にプレイできている時は全てが正しい方向に流れる。
 自分達のやるべき事をしなければならない。」

ランスは契約の前にまずはインディアナ入りし、身体検査を受ける予定。
日曜の試合を前に土曜日にクリーヴランドで練習を予定しており、
そこで加われると見られている。

キャヴス戦でデビューした場合、プレイオフまで6試合で
順応させなければならない。(ミネソタでの10日間契約は
プレイオフ出場に影響しないとのこと)

ランスには今シーズンのペイサーズに欠けているものが求められる事になる。
ポール
「ランスはボールプレイヤーであり、我々にフィットすると思うよ。
 ショットクリエイトやセカンドユニットのプレイメイカーが
 必要だったからね。彼はどちらもできる。」

ランスが去った後にチームに加わったC.J.マイルズはチームに
「ランスの個性と、彼のプレイスタイルをチームに合わせて
 変える事」は要求しないとのこと。

C.J.マイルズ
「彼は彼でいてもらいたい。ハードにプレイし、毎晩熱心に
 プレイしてきた事を知っている。我々の中には彼とプレイした事が
 ない者もいるけど、彼はパスを出せるし、テンポの良いプレイができる。

一方、チームを去る事になってしまったスタッキーに着いてマイルズ・ターナー。
「彼の事がとても好きだったからタフだよ。彼は昨年から自分の事を
 熱心に見てくれた。彼がいなくなるなんてとても辛い。
 ビジネスというものを初めて経験したよ。きついね。
 ランスがチームを救ってくれる事を願っているよ。」

George on Stephenson: 'Can’t wait for him to get back in that jersey'
---
嬉しい事がある反面で悲しい事が起こるのもこの世界の常。
ポールも自分が怪我をしている間にコンテンダーチームが解体してしまったという
辛い過去を経験しています。もちろんダニーのトレードも。

ターナーにとっては辛い現実を突きつけられた所でしょうが、
チームもプレイオフを逃す一歩手前まで来ています。
こういった状況でもやるべきことをやらないと行けないという
良い勉強の機会になることでしょう。
---
背番号はどうするのでしょうね。
1はセラフィンが使用しているのでルーキー時代から利用していた6番か。
→6番で決定

シャーロット時代にランスとプレイ経験のあるアルジェファの
コメントを聞きたい所です。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New