ポールはオールNBAチームに選出されず【NBA_Pacers】

2017年05月19日 04:16

タイトルの通り、ペイサーズにとって向かい風が吹き始めました。
プレイオフでキャヴスが負け無し街道を進む中、そこそこ善戦した
INDに集まるのが近道なのではないかとほくそえんでいましたが、
そもそもの大黒柱を引き止める頼みの綱が切れてしまいました。

ポールはオールNBAに選出される事で、他のチームよりも1年多く、
計70M程多く稼げるという契約が可能になるところでしたが、
それに届かず。

今となると、移籍先候補として挙げられるレイカーズにいけば
CMやらなんやらでその差は結構埋められるのではないかと思います。

オフにコービーとのワークアウト予定が入っているようですが、
そのコービーと比べられる事、インディアナにいる時とは比べ物に
ならないほどメディアで取り上げられる事に耐えられるのであれば
頑張ってみればいいじゃないですか、という感じでしょうか。
レフリー批判だったり、コメント上手とも言えない部分が
見受けられるのでそういった部分は少し心配です。
叩かれた時に活躍できるメンタルもこれから鍛えないといけません。

インディアナに残ればハッピーという訳でもないので
引き止める手だてはないかもしれませんね。
どうせ出て行くならINDで最大限の契約をしてから
サイン&トレードで送ってあげたいものですが、
また例年9位のチームを見るのも嫌なのでKPの手腕に期待です。

と、出て行く事ばかりを想定して書いてみましたが、
ポールに大金を払わなくて済むという事はその分のお金で
FAに手が出せるという事に繋がります。(ポール分かってる?)

幸いランスはあと2年格安で働いてくれる事ですし、
ターナーの成長見込みと、FA加入で今年よりも
打倒レブロンに近づく様な気がしますが、ポールが
それを容認できるかどうか。

今年ですらヘルプが足りないと感じていた事でしょうし、
ポールがペイサーズで優勝を目指す場合、
他にお金を回せる状況でないといけません。

優勝する為にはこれ以外に道はないと言えます。

バード最大の置き土産、ランス・スティーヴンソンが
ペイサーズにいる限り、観戦する楽しみは十分にあるので
来季もリーグパスは契約すると思います。
と、もう一人同じ話題で触れておきたいのがジャズのゴードン・ヘイワード。

彼も新CBAのMAX契約によって再契約か移籍かが揺れると言われています。
ジョージ・ヒルもヘイワードの契約によって自分の判断も決まるとコメント。

ヘイワードにとって地元ペイサーズに戻るという選択肢が
あるか分かりませんが、ポールがいなくなった場合に新しいヒーローが
必要なペイサーズにとっては獲得候補に挙げられると思います。

しかし、彼にはボストンに行った方が優勝も近いし、
ブラッド・スティーヴンスはいるしでその魅力に勝てる気がしません。
ドラ1付きですしね。

KPにとっては厳しい船出となりますが、頑張ってください。

個人的な第一希望はポールとの再契約。
それが無理であればシーズンが始まる前にトレード。

レイカーズは将来的にポールと契約できる自信があるとの事。
それであれば今ドラフト2位とのトレードに踏み切る必要はないかもしれません。
デッドライン前に噂の出たセルティックスも残り1年で再契約の
見込みの薄いポールにドラ1を出すとは思えませんし。

ところで、ポールと再契約した上でヘイワードも連れてくる、ヒルも戻ってくる、
ティーグと再契約で良くないですか?(リバウンドはランスが取る)
関連記事


コメント

  1. | URL | -

    新労使協定の内容がわからないんですが、どういう条件ならPG13にスーパーマックス契約を提示できるんですか?

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    Re:ポールはオールNBAチームに選出されず【NBA_Pacers】

    ドラフトされたチームへの在籍が8年目または9年目。
    もしくは初所属チームから現チームに移ったのが
    最初の4年以内でキャリア8年目もしくは9年目。

    下のどれかに該当すれば条件クリアとなります。
    ・今シーズンのオールNBA選出、または過去3シーズンの内2回選出
    ・DPOYを受賞、または過去3シーズンの内2回受賞
    ・過去3シーズンでMVPを受賞(1回でクリア)

    こちらが条件となります。
    一応来シーズンオフも対応期間になりますが
    そこまで冒険することはないかと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New