Game4-ティーグのいるウルヴズ戦【NBA_Pacers】

2017年10月25日 11:49

今日もターナーは欠場で明日のサンダー戦も怪しいとか。
厳しい状況ですが、インディアナ界隈で評判を上げている
ドマスに頑張って貰いましょう。

元ペイサーズのジェフ・ティーグとアーロン・ブルックスとの対戦に加え
KATに先日ブザービーターを決めたウィギンスとタレント揃いのウルヴズ。
バトラーがお休みというのが救いでした。

試合は出だしからペイサーズが好調で大量リードをする展開。

ラジオブースには自分の子供からもボヤンに似ていると言われている
オースティン・クロージアがおり、同じ時間、同じ場所にいるよ。とツイート。
そのボヤンが3PTやドライブ、バンクショットまで決め続けました。
若干JJにも似てますよね。
今度3人並んでインタビューして貰いたいです。

ドマスもリバウンドを取り、得点にも絡んでいきますが、
2ファウルとなり、ベンチへ。
第2Qにはあっさりと逆転され、61-61の同点で前半を終えますが、
第3QにINDが37-23と猛チャージ。最後まで手を緩めることなく勝利。

ルーキーのリーフが3PTとポストプレイ等で10点。
現時点で昨年のルーキーのニヤンを越えた感さえあります。

ランスの不調がまだ続いているのが心配ですが、
今日はトロントとのプレイオフの時に散々いじめられたコーリー・ジョセフが
素晴らしい活躍を見せてくれました。シーズンを通して期待しています。

最終的にドマスはFG7/7で15pts、11reb、5astのダブルダブル。
今後どういう起用方法になるのか分かりませんが、
彼がいることでINDのフロントコートは一気に層が厚くなりましたね。
スターターでターナーと並べても面白いと思いますし、
ベンチからランスと一緒に出てきても頼もしいです。
今日も華麗なポストムーブを見せていました。

ボヤンは結局3PTは1本でしたが19pts、5reb。思っていたよりも多才です。
DCは15pt、16ast、5rebとまさに求めていたザ・ポイントガード。
点を決めた後に気合いが入ったのか、両手をパチンと叩いて
ティーグを威嚇(?)した瞬間に抜き去られてレイアップ決められたのと
3PT1/5は見なかった事にしましょう。

そしてオラディポさん。

4年84Mが高い?いや、安いでしょう。
安いは言い過ぎですが、適正価格ですね。
誰にも遠慮しないで攻められる分、気持ちも乗っているのではないでしょうか。
28pts、3reb、3ast。この数字だけでなくボールをプッシュできる強みがあります。

116-97の時シューターのボヤンが自分で打たずに
ボールを渡せる程の信頼を勝ち取っています。
ボヤンは味方が決めた時もガッツポーズを取ったり、
思っていたプレイとは違う方法で貢献してくれたり、
クロージアに似ていたりと彼もまたお気に入りになりました。

IND 130 - 107 MIN
関連記事


New