オフシーズンが始まってしまった【NBA_Pacers】

2018年05月01日 13:03

2017ファーストラウンド
 IND 108 - 109 CLE -1pt
 IND 111 - 117 CLE -6pts
 CLE 119 - 114 IND -5pts
 CLE 106 - 102 IND -4pts

2018ファーストラウンド
 IND 98 - 80 CLE +18pts
 IND 97 - 100 CLE -3pts
 CLE 90 - 92 IND +2pts
 CLE 104 - 100 IND -4pts
 IND 95 - 98 CLE -3pts
 CLE 87 - 121 IND +34pts
 IND 101 - 105 CLE -4pts

昨年からのシリーズ得失点差を並べてみましたが
本当に惜しいとこまでいきましたね。1勝もできなかった昨年に比べて
今年は少し説得力があります。後一歩が足らず、その一歩の大きさは
オラディポやターナーが身をもって体験したはず。

今年のペイサーズは何か不思議なチームでしたね。
何点差を付けられていても時間さえ残っていればまだまだ
大丈夫と思えたし、実際何度も逆転勝利を見せてくれました。
これって来年以降も発動するとは限らないので、集まったプレイヤー達が
好きという理由以外に、何としても今年レブロンを倒す所が見たかったです。

毎年、オフシーズンになると補強ポイントを見つけて
トレード案だったりFA情報を楽しんだりしてきましたが、
今年はもうそのまま残してくれないかなと本気で思います。

1stラウンド敗退で何も成功してはいませんが、
それぞれのステップアップに期待したい部分が大きいですね。
GRIIIも今シーズンはほとんど試合に出られない状況でしたし、
プレイヤーオプションのThadとCoJoを除いては
来年まで契約が残っている選手が多いです。

二人とも再契約して欲しいですね。
出場機会がなくなってからもチームを支えたアルジェファは
チームオプションなので恐らく来年はいない事になると思いますが、
プロ中のプロでした。ビッグアルの教えは絶対にターナーとドマスにとって
プラスとなるはず。ありがとうビッグアル。(まだいるけど)

ゆっくりと一人一人について書ける時間がとれればいいなと思っています。

何かボーギーのキャッチミスについての意見で盛り上がったようですが、
INDファンもなんでここでそんなミスを−!とは思ったはず。

でも優れたディフェンダーではないボーギーがシリーズを通して
レブロンとマッチアップしてくれただけでも感謝ですよ。
シュートの入らない試合ももちろんありましたが、
彼がいたから勝てた試合がありました。
ミス一つで彼に対する感謝やチームへの貢献が消えるはずもありません。
あの化け物を相手に7試合も戦ってきたのですから。
プレイオフで7試合レブロンを相手にしたプレイヤーなんてそう多くないのでは。

確かに負けに繋がるミスだったかもしれませんが、その後シュートを打てていたとしても
それが決まるなんて保証がある訳でもなく。

誰かのミスや不調をを全員でカバーするのが今シーズンのINDの特徴だった気がします。
だからこそ、いつになく「このチームのファンをやってきて良かった」と何度も思ったシーズンでした。

それよりも「あれはゴールテンディングでした」とか後から発表する位なら
「ルール上できないから」ではなくて、試合を決めてしまう重要なプレイやコールは
その試合中に判定できる仕組みをいい加減作ったらどうですかね。
IND戦に限らず「発表されたところで・・・」ってなる虚無感が酷いです。
関連記事


New