【NBA】今シーズンのインディアナ【Pacers】

2010年04月23日 18:15

スタッツを載せただけですっかりペイサーズの
まとめを行ってませんでしたが、ちょっと触れておきます。

・今季の良かった点/悪かった点
・移転の噂

まずは移転の噂から。
結構前の記事なんですが、財政難のペイサーズ。
本拠地としているコンセコ・フィールドハウスを使用(?)
するのに年間1500万ドル以上かかるそうです。

その支払に税金を投入するかどうか、という議論があり、
6月末までに問題が解決しないと移転の可能性が高いとか。

移転先として有力なのがシアトルらしいですが、
シアトルに行くとスーパーソニックスになるとか。
インディアナでもペイサーズでもなくなってしまい、
レジーやその他の永久欠番はどうなるの?といった感じです。

ロゴもユニフォームもペイサーズではなくなり、
果たして今いる選手がいなくなった後もそのまま
応援する事になるのかが分かりません。

そもそもグレンジャーファンから始まった訳ではなく、
ペイサーズファンだからグレンジャーを応援しているので
ペイサーズのグレンジャーで無ければそこまで興味わかない
かもしれません。

移籍していった元エースのジャーメインと同じでしょうかね。
今後どうなるのか気になります。。。

ただ、個人的にシアトルはなじみ深い街でもあって、
シアトルにNBAのチームが出来る事はうれしいのですが、
よりに寄ってペイサーズが消滅してできる、となると複雑です。
で、今シーズンの良かった点を取りあえず箇条書き。

・ヒバート、McBobに成長の兆し
 ファールが多くて安定感はないですが、カウントワンスロー貰った時の
 ダンス、たまに披露する3PT、調子がいいときはドワイトとも
 対等にやり合える潜在能力を見せつけてくれた今シーズン。
 プレイ時間がもっと必要、その為にもファールの多さを克服する必要有。
 彼が目立ってくれればグレンジャーも活きてきます。

 McBobも出場するとハイライトに登場するダンクを披露することが多く、
 プレイタイムさえ与えれば化けるかもしれません。ジェフが復帰すると
 ますますプレイタイムがなくなりますが、なんとか生き残って欲しい。
 彼も比較的3PTを打つタイプですが、マーフィーよりもインサイドで
 リバウンドにも積極的です。来期は思い切ってスターターもありかも。
 (どうせ来シーズンも捨てシーズンとバードが言ってるし・・・)

・ポストジェフ・フォスターを狙えるハンズブローの加入
 まぁ、ジェフの後釜がどうしても必要な訳ではありませんが、
 荒削りながらリバウンドに突っ込んでいく姿はチームに活力を
 与えます。FG%の低さはどうにかしないといけないですが、
 背がちょっと足りない部分をハートで補ってもらいたいです。
 なかなかのイケメンですし、チームの人気の為にも。。。


悪かった点
・ラッシュが期待はずれだった(辛口)
 シーズン中何度も書きましたが、期待を込めての辛口評価。
 たまにすごい活躍するんですけどね。積極性が足りないようです。
 6thマンに置けばいいと思ってましたが、自分からぐいぐい
 行くタイプでも無いので、調子に乗らないと爆発力がないです。
 その為、先発で起用されていたのでしょう。
 持ってる能力が十分発揮できればスターターでも6thマンでも
 十分通用するんですけどね。3PTは入るのにFTは苦手という
 謎のシューティング能力も魅力の一つ?
 
・ハンズブローの思いがけない戦線離脱
 ルーキーなのにそこそこプレイタイム貰っていただけに
 シーズン通して成長を見守れなかったのが非常に残念。
 オデン君タイプにはならないように。。。

・ディフェンス強化のはずがオフェンスもろとも崩壊
 Dahntay 加入、シーズン序盤の脅威のオフェンス力も
 プレイタイムの減少と共に影が薄くなってしまいました。
 ボールを持ちすぎる感がナゲッツ時代からあるそうですが、
 今シーズンはアシストも増えた(ちょっと)し、今のインディアナには
 グレンジャー以外に自分から行く選手がいないので、
 起爆剤にはなり得るかも。 

・怪我人続出
 特にグレンジャー。エースであるのに2年連続の長期欠場。
 そろそろ全試合出場で元気なところを見せてくれないと、プレイオフに
 進めたとしてもガス欠で一回戦敗退っぽい。

とりあえずこんな所でしょうか。
時間があったらまた書きます。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/25-db79348b
    この記事へのトラックバック


    New