ペイサーズのワークアウトに参加したドラフト生【NBA_Pacers】

2018年06月20日 14:23

Pacers Draft: Breakdown of pre-draft workout participants

日本時間22日朝に始まるNBAドラフト2018。
ペイサーズは23位と50位の指名権を持っております。
ワークアウトに呼んだ子達の総評があったので軽く見てみました。

Brandon McCoy - UNLV - Freshman - C
 2巡目指名権が予想されるマッコイ。20歳と若い7-1のセンター。
 上位指名が予想されるエイトン相手に33pts、10rebの活躍を見せた。
 平均16.9pts、10.3reb、1.8blkをマーク。
 INDが50位で指名する可能性は低そう。

Landry Shamet - Wichita State - Junior - G
 最初のモックドラフトでWojがINDが23位で指名するかもと予想。(5月末)
 1巡目後半から2巡目上位辺りでの指名が予想されている。
 3PTga44.2%とオフェンシブな選手で、ベンチからの得点源として
 活躍できるかもしれない。PGでもSGでも起用でき、バスケットボールIQも高く、
 7-0のウイングスパン(アンオフィシャル)は武器となる。
 →:NBA Draft 2018 scouting report: Landry Shamet
 ウイングスパン6-7が正しいみたいです。


Keita Bates-Diop - Ohio State - Senior - F
 SFとPFが補強ポイントでもあるINDにとって良い指名となり得る。
 1-4番を守れるディフェンダーとしても期待ができる。

Gary Clark - Cincinnati - Senior - F
 タフでアスレチックな選手。ローポストでの得点、リバウンド、
 ディフェンスで活躍が見込まれる。2巡目指名または指名なしの可能性もあるが、
 50位で残っていれば指名する可能性があるかもしれない。

A.J. Davis - Central Florida - Senior - PF
 アントニオ・デイヴィスの息子。
 12.2pts、7.6reb、2.2astの成績を残した6-9のフォワード。
 23歳という事もあり、ドラフトにはかからない可能性が高いが、サマーリーグや
 Gリーグ、または海外でのプレイが予想される。

Donte DiVincenzo - Villanova - Junior - G
 NCAAチャンピオンシップまで彼の名前を聞いたことが無かった人は多いはずだ。
 ベンチから31ポイントを決め、一気にドラフト1巡目候補に登り詰めた。
 1巡目指名が予想され、INDの23位まで残っている可能性は低い。

Alize Johnson - Missouri State - Sophomore - PF
 高校の時は6-4だった身長が大学で6-9まで伸びた。
 15.0pts、11.6reb、2.8astの成績を残したジョンソン。
 優れたリバウンダーではあるが、ディフェンス面で強化する必要がある。
 2巡目後半でピックされるかもしれない。

Shake Milton - SMU - Junior - G
 6-5の身長ながら、7-0のウイングスパンを持つ。
 NBAレベルで戦うにはもっと筋肉をつけないといけない。
 1巡目後半から2巡目での指名が予想される。
 INDはコンボガードを求めているなら23位で狙う手もある。

Bruce Brown Jr. - Miami - Sophomore - SG
 1巡目予想されていたこともあったが、怪我の影響で2巡目予想へ。
 ディフェンシブなSGとしてローテーションプレイヤーになれる可能性がある。

Melvin Frazier - Tulane - Junior - SG/SF
 6-6のウイングとしては驚異的な運動能力を持つが、
 NBAレベルの意志決定が出来るとは思えないワイルドカード。
 怪我の為、INDのワークアウトには参加できなかったものの、
 興味は持っていると思われる。

Devon Hall - Virginia - Senior - SG
 両エンドでの活躍が見込まれるが、まもなく23歳という年齢が
 ネックとなる。2巡目またはサマーリーグチームへの参加が予想される。

Dzanan Musa - Bosnia - SF
 19歳にして既に3年のプロ経験を持つボスニアの若者。
 11歳で親元を離れ、バスケットボールを追求してきた。
 オフェンスに関しての能力は間違いないが、ディフェンスの向上が必須。
 1巡目後半から2巡目での指名が予想される。

Thomas Welsh - UCLA - Senior - C
 リーフの元チームメイト。
 12.6pts、10.8rebの成績を残した7-0のセンター。
 2巡目で指名されるかもしれない。

Yuta Watanabe - George Washington - Senior - SF
 田臥勇太以来2人目となる日本人NBAプレイヤーを目指す渡邊。
 6-9の身長で16.3pts、6.1rebを記録。
 A-10ディフェンシブプレイヤーオブザイヤーを獲得。
 モックドラフトではドラフト外と予想されるが、
 アメリカと日本で彼の名前を呼ばれるのを待つファンは多い。

Jalen Brunson - Villanova - Junior - PG
 ビラノヴァ大を優勝へ導き、ナショナルプレイヤーオブザイヤーに輝いた。
 INDの23位で残っている可能性は低いが、残っていれば悪い選択にはならない。

ドラフト外予想
Jaylen Adams - St. Bonaventure - Senior - PG
Marcus Foster - Creighton - Senior - G
Nick King - Middle Tennessee State - Senior - SF
Yante Maten - Georgia - Senior - PF
Tyler Wideman - Butler - Senior - PF
Jordan Barnett - Missouri - Senior - SF
Robert Johnson - Indiana - Senior - G
Quentin Snider - Louisville - Senior - PG
Jae’Sean Tate - Ohio State - Senior - F
関連記事


New