名前で遊びがちなペイサーズ【NBA_Pacers】

2018年06月29日 18:07

バスケットボールの現人神、マイコー・ジョーダンがNBAのコートに
存在していたはるか昔より、デイヴィス・ブラザーズを結成し、
本当の兄弟であるかの様に錯乱させる作戦を用いてきたペイサーズ。

レジー&ブラッド・ミラーの結成により
R.MILLERジャージはレアジャージというファンの中で
少し盛り上がる要素を取り入れた事も興味深い。

そんなペイサーズの昨今の名前遊びを調べてみた。

09-11シーズン 「ジョーンズズ」
 ダンテイ・ジョーンズ
 ソロモン・ジョーンズ

 もはやいましたね、という感想しかないデュオ。
 コービーへの足引っかけディフェンスを見込まれINDに来たダンテイでしたが、
 あまりディフェンスは改善されなかった様な。

11-16シーズン 「G2」
 ポール・ジョージ
 ジョージ・ヒル

 G2ZONEというオサレファンエリアを設立した二人。
 クリス・ポール・ジョージ・ヒルの名前繋げロスターを
 夢見た事もありましたが、実現せず。

12-13シーズン 「リアルブラザーズ」
 タイラー・ハンズブロー
 ベン・ハンズブロー

 説明不要リアル兄弟。昨年マッドアンツで超人スタッツを
 残した兄タイラー。NBA復帰はできず。

13-16シーズン 「ヒルズ族」
 ジョージ・ヒル
 ソロモン・ヒル
 (ジョーダン・ヒル 16年加入)

 INDの名前遊び全盛期のヒルズ族。
 ジョーダンが16年に加入したものの、シーズン終了後に解散。

14-15シーズン 「CJ’s」
 CJマイルズ
 CJワトソン

 ワトソンがCJだったことを今の今まで忘れてました。

15-17シーズン 「マイルズズ」
 CJマイルズ
 マイルズ・ターナー

 今考えるとCJってINDではあまり安定感なかったよね。

16-18シーズン 「ヤンヤング」
 ジョセフ・ヤング
 サディアス・ヤング

 若い方のヤングと年を取っている方のヤングで判別可能
 その昔、顔はおっさんだけど実は若いサム・ヤングっていうのがいて
 ポンプフェイクには定評があった。なんかベンチの見方へのパスが
 あったような気がする。

 顔がおっさんと言えばソロモン・ヒル。
 ルーキー時代からベテランらしからぬ風貌を見せていたソロモン。
 INDを出てからは怪我だったりでぱっとしないけど
 来シーズンはNOPの大きな手助けになることを心待ちにしています。

17-18シーズン 「ジョセフズ」
 ジョセフ・ヤング
 コーリー・ジョセフ

 同じポイントガードという事でどちらをジョセフと呼ぶか悩ましかったコンビ。
 なんとなくヤング(ジョセフの方)をジョーと呼んだり書いたりするのが
 苦手で、ジョセフ(ヤングの方)もジョセフ(コーリーの方)も
 どちらもジョセフと呼びたかった。文字にする時は
 CoJoとジョセフ(ヤングの方)で使い分け、実際に口に出すときは
 コーリーとジョセフ(ヤングの方)という結果に落ち着いた。

それでは良い週末を。
関連記事


New