レナードとデローザンがトレード【NBA】

2018年07月18日 21:33

数時間前にwojさんがスパーズのクワイ・レナードと
ラプターズのデマー・デローザンのトレード最終調整中という
ツイートをして、それが合意に至ったそうです。

当事者二人以外はまだ明らかになっていませんが
両チームのエースがトレードというビッグディール。

追記
トレードの詳細が発表されました。
スパーズ→ラプターズ
レナード、ダニー・グリーン

ラプターズ→スパーズ
デローザン、ヤコブ・ポートル、19年1巡目指名権(1-20位プロテクト)

レナードは18-19が20M、19-20がプレイヤーオプションで21M。
レナードはトロントに残るつもりはないと漏らしているそうですが
OKCのジョージ同様心を動かすことが出来るでしょうか。

一方のデローザンは20-21シーズンまで年27Mの
3年契約が残っています。

天敵レブロンも西に移動しましたが
彼もまた戦いに身を置く運命にあるのかもしれません。

TORはコーチだけでなく、エースまで放出。
レブロンがいなくなった東でもう一年様子を見ても
良い気がしてしまいますが、どうなるでしょうか。

GMとしては残るつもりがないというレナードを
引き受けるという事は、デローザンの残り3年が重いと感じたという事でしょうか。
早く再建できる様に改革を進めるというのも理解できますが、
長期契約してもトレードで出されてしまうのは
LACからDETへ移ったグリフィン同様、ファンとしては複雑ですね。

TORにはデロン・ライトやOGアヌノビーといったお気に入り選手がいますが、
彼らもトレードに含まれるのかが気になります。

関連記事


New