ゲーム3:vsネッツ【NBA_Pacers】

2018年10月21日 10:50

昨日の惨敗からホームへ戻りネッツ戦。
ドマスが右膝の打撲で欠場。

第1QはTO無しと改善がみられ、シュートも良く決まりましたが、
ネッツにも外を決められてリードはあまり作れず。

昨日から3PTへのファウルをよく取られてしまい、
非常にもったいない事が多いです。

第2Q終盤からペースを掴み始め、そこから
追いつかれる事はありませんでした。

オラディポは本当に楽に点を取れるようになりましたね。
ボーギーのシュートが入る日は本当に強いです。
DCが積極的なのも良かったです。

Thadに惚れるのがtwitterの恒例行事となっていますが、
今シーズンはタイリークにも惚れる事が多くなりそうです。
期待された得点とゲームメイクをしっかりとこなしてくれ、
周りを活かす事も忘れないタイリーク。
今日はチェイスダウンブロックもありました。
第4Qにはスターター全員を戻す必要もなくさせるクロージングまで
こなしてくれました。

ドマス不在で少し心配しましたが、オクインともしっかり
できていましたね。ターナーとの時間をもっと見たいです。

そしてそのオクイン。マジックの時にオラディポと
チームメイトだった事もあり、しっかりとスクリーンをかけて
オラディポの3PTを演出し、その後仲良さそうにしてました。

前半、出番が多くなり、疲れが見える中で相手のレイアップをブロック。
そのままベンチに戻って座り込むというスムーズな動きも
見せてくれました。

第4Qだけで14点取ったオクイン。
ドマスの不在を見事に埋めてくれました。
彼にはアルジェファの様な役割も期待されていたと思いますが、
まさにいつでも準備ができているベテランはチームに必須ですね。

マクダーモットも3PTを4/5で決め、ボーギーも3/3。
今シーズンの心配な点にボーギーの事を挙げましたが、
心配なさそうですね。コーチは彼らを共存させるのが上手そうです。

3試合連続で若者達のプレイタイムを作れたのも良かったです。
自分の見せ場を作る事で必死な中、ボールをしっかり回す
アルゼイは偉い。アニボグもナイスブロックでした。

得点こそなかったものの、サムナーの動きは本当に良さそう。
1番でも2番でも使える彼は将来INDの鍵を握るかもしれません。

BKN 112 - 132 IND

・Thadとトレードしてピックされたラヴァートが良い選手になってた
・ファリードってガベージタイムにしか出られない扱いなの?

髭男爵オクインさんのお言葉
「ここのファンは本当に素晴らしいよ。
 ここでプレイしなければ分からないだろうね。
 ペイサーズのユニフォームを来てプレイしなければね。」

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New