ペイサーズ以外の開幕一週間【NBA】

2018年10月22日 10:28

・元INDの二人
 ポイスレスが思った以上にプレイタイムを貰えているようです。
 21分出場で8.5ポイント、4.5リバウンド。まだ2試合なので
 これが継続できると2-way契約を脱却できるかもしれません。

 GRIIIは今の所INDにいた時と役割が変わっていない様子。
 やはり昨年の怪我でプランが崩れてしまったのは否めません。
 まだ始まったばかりですし、しっかりアピールして試合終盤でも
 使って貰えるといいですね。ATL戦で決めた決勝3PTはまぐれじゃ無いはず。
 昨日少しDETの試合を観ましたが、グリフィンがなんか凄いですね。
 ボールも運ぶし3PTも打つ万能プレイヤーになっていました。

・ジミーちゃん
 結局チームに戻り、誰よりも点を取って
 そのうちまた不満が爆発するんじゃないかと心配になります。
 スターター4人がプレイタイム30分越えと安定のシボドー采配。
 ティーグも大変な道を選んでしまいましたね。
 次のINDの対戦相手です。

・レナード君
 ラウリーを押しのけて選手紹介の最後に呼ばれる大役を貰っていたレナード。
 ラプターズとしてはレナードだけでなく、グリーンも獲得できているのが
 大きそう。CJマイルズの立場がちょっと心配になりますが、
 レナードは普通にプレイをしそうですし、今年も東のトップ争いから
 落ちることはなさそうです。

 トロントの熱狂的なファンの力で契約延長もあるかもしれません。

・ランスちゃん
 プレイタイムは若干減りましたが、彼の魅力はLAでも受け入れられている様子。
 でも、どこでも最初はそうなんですよね。アホなプレイをし始めてからが本番。
 それでもファンが暖かく見守ってくれるようであれば成功すると思います。
 このチームはレブロンの33歳が最高年齢だそうですが、そのレブロンが38分出場。
 次がロンドの30分という事でもうちょっと若者に任せられる時間を増やせるかが
 今後の課題なのでしょうかね。ランスがいるというだけでINDの試合後に
 覗くことが増えています。

 昨日の乱闘はなかなか酷かったです。
 人を殴るのはもちろんいけませんが、プロとしての自覚が足りません。
 殴る時はパーでしょう。グーはダメです。
 特にイングラムの行動は全く理解できません。
 まだまだ勝負できる時間だったのに勿体ない。突然後ろから押されても
 怒らずにレフリーにアピールしたハーデンはさすがでした。
 あの時点で二人の乱闘になっていてもおかしくありませんでしたが、
 世界平和時代にエルボーを食らっているだけあります。大人でした。

・ターナーの髪型
 これまでのドレッド部分がない写真を載せてきましたが、
 これは単に上と後ろでまとめているだけ、と思いたい。
 亀田みたいに頭にハンバーグ乗っけるのは勘弁してほしい。

関連記事


New