Game25:vsマジック【NBA_Pacers】

2018年12月08日 12:39

オラディポが欠場、マジックにドラフトされたドマスは
食中毒で試合に出られず。元マジックの二人がいないなか、
オーランドでの試合。

もう一人元マジックがいるのを忘れてはいけませんでした。

元々ボーギーのチームだったかの様に点を重ねて行くエース代理。
ターナーもよくシュートを決めていましたが、ファウルトラブルで
21分しか出場せず。ドマスがいないなかでフロントコートどうするかと
おもいきやチームを救ったのは元マジックのカイル・オクイン。
彼が試合を決めたとかいう訳ではありませんが、12pts、10rebと
久しぶりに試合に出たにも関わらず見事にドマスの代役を
こなします。最初はシュートが入らず不安でしたが、慣れ親しんだ
会場なのか、徐々に調子を上げて行きました。

久しぶりにプレイタイムをもらったリーフは16分出場で
8pts、6reb。オフェンシブリバウンド3個とは見事。

ドマス欠場でいつもより気合いが入っていたのがジョセフ。
いつもはあまりやらない様なドリブルでの個人技からの
ショットなど、ドマスへ捧げる15pts。
さすが互助精神の先駆者。

リバウンドも53-47と競り勝ち、TOも9まで減らせました。
Thadは3ポイント2本で14ptsでしたが、一番の見せ場は
アーロン・ゴードンへのディフェンスだったかもしれません。

トータルで20点は取られましたが、終盤の
あるポゼッションのディフェンスは凄まじかったです。
ペイントへの侵入を許さず外へ押し出したあのディフェンス。
彼もまた復調間近かもしれません。

じっくり映像を見ていた訳ではないので
夜にでもまた見直そうかと思います。

IND 112 - 90 ORL

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New