Game27:ウィザーズ戦【NBA_Pacers】

2018年12月11日 10:17

今日はホームでウィザーズ戦。
開幕後は不調で内輪もめ?なんかも報じられていましたが、
最近は復調している様子。

7-0のランで開幕しました、すぐに7-0のランで返されて同点。
DCが第1Qだけで7アシストとボールが動き、良い形で点数を重ねますが、
ウィザーズのシュートが落ちず。特に外のシュートが良く入り、
前半はどちらにも流れが傾かずでした。

INDはタイリークが前もやったコーナーで待っているのに
ボールが回ってきたらラインを踏んでいてTOとか、
簡単なパスミスを許すシーンが目立ちました。
残り3分ちょっとでジェフ・グリーンに3PTを決められ、50-49と
逆転された直後、ボーギーの3PTで再逆転、ターナーがビールの
ダンクをブロックして、更にボーギーのFT2本で4点リード、
更に更にウーブレのレイアップをターナーがもう一度ブロック。
いつもののれんヘアと違い、ヘッドバンドを着けて髪を束ねた
ターナーは最近の好調を維持したままゲームに入っていました。

ボーギーが追加の3PTを決めて、最後はDCがスティールから
2点を決めて50-59とディフェンスからのオフェンスという
ペイサーズのやりたい形を作って前半を終えました。

ドマスが厳しい笛を取られて10分で3ファウルとなりましたが11pts。
エースボーギーは2本の3PTを含む13pts。ターナーは前半だけで
11pts、6reb、5blk(4blkに修正)と最高の出来。そしてDCが3ptsですが、9ast。
タイリークはもっとドマスとプレイしたいと思っているかもしれません。

WASのモリスを2分で3ファウルに追いやれたのはいいですが、
ウーブレは結構オフェンスリバウンドから得点重ねるイメージがあるので
しっかり対応して貰いたいです。

前半時点で9本も多くシュートを打たれていますし、3PTも6/12で
決められています。今の所INDオフェンスは21本のFG中、17本のアシストで
うまくいっている様子。そのままディフェンスを締める事ができれば
サムナータイムが作れるはず。

前半最後の流れをそのまま持ち込みたい所です。

後半残り4分で25点差を付ける最高の展開に持って行けたそうですが、
そこから一気大ブレーキ。
第4Q開始3分には84-89の5点差まで追いつかれてしまいました。

10本のシュートを外し、その間に19-0のランを食らってしまいました。

DCはTOなしで14アシストという素晴らしい活躍をしていますが、
他メンバーで16TO。リバウンドもシュートの%で勝っているのに
非常に勿体ない試合となっています。

DCがようやく決めて84-91としますが、ウーブレの3PTが決まり4点差。
ここでタイリークが難しいレイアップをねじ込みアンド1。87-94。
6分37秒にはボーギーが2点を決めて89-98と落ち着いたかと思いきや、
ビールに3PTを決められて逃げ切りは失敗。

ウーブレとビールに点を重ねられ残り4分45秒について97-98と
1点差まで詰められてしまいます。更にタイリークがチャージングを取られ、
一気に走られそうな所でウーブレのレイアップをターナーがブロック。
その流れでDCが3PTを沈め、再び4点リードへ。
しかしDCのTOから失点。タイムアウトの取り所が難しくなる中で
Thadからのアシストでボーギーがダンクで再び4点リード。

まだ3分残っています。
集中していきたいところでしたが、タイリークがバッドパスでTO。
モリスのシュートが外れますが、リバウンドを取れずビールに3PTを
打たれましたが、これは外れてターナーがリバウンド。

今日アシストの冴えているDCからパスを受けたターナーが
ミドルを決めて99-105。2分を切って少しリードが増えました。
WASのタイムアウト明け、モリスが3PTを外しますが、
ここでもリバウンドがとれず、DCがルーズボールファウルをとられ、
ウーブレにFTを与えます。これを2本決められ、更にDCのパスミス。
途中までノーミスでアシストを量産していただけに、もったいない終盤。

サトランスキーの3PTが外れますが、タイリークも3PTをミス。
ここでDCがリバウンドを取り、外しますが、Thadがカバーして101-107。
今日も一部日本人ファン達を惚れさせるThad。

最後はタイリークのスティールからファウルゲームでDCが
しっかり決めて101-109で試合終了。
本当ならしなくても良かった苦労を買ってまでしたIND。
今日の試合内容を褒めていいのか難しいですが、
勝ち切れたのは素直に良かったと思います。

ターナーがFG11/16で26pts、12reb、5blk。
タイリークも7/13で18pts、6reb。
そしてDCが10pts、7reb、17astと
ヨキッチ研究効果なのか、ターナーとDCの好調が続きます。
ありがとうヨキッチ。

なにはともあれ4連勝。
オラディポの復帰もそう遠くない見通しだそうで、
チームとしては良い状態かもしれません。

WAS 101 - 109 IND

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New