Game28:vsバックス【NBA_Pacers】

2018年12月13日 12:44

オラディポ復帰のバックス戦。
オフェンス、ディフェンス共に最高のスタートとなりました。

ターナーが立て続けに点を取り、ボーギーの3PT、
オラディポも3PTを決め、更にターナーとボーギーも決めて9-22。
試合がそのまま進むことはなく、それなりに点数は詰めれますが、
第1Q終盤にはまたリードを広げ、最後はThadのティップインで23-29。

リム付近のディフェンスは本当に良く頑張っていて、
ヤニスが全くといっていい程目立ちませんでした。

第2Qはタイリークの連続ジャンパーや、ジョセフのシュート、
そしてマクダーモットの3PTが決まって27-43とまたリードを広げていきます。
残り4分を過ぎてから8-0のランを食らいましたが、とにかくThadが
惚れるプレイ連発で最後はオラディポが2点を決めて43-58の
15点リードで前半を終えました。

第3Q、ボーギーとThadの連続3PTで43-64と21点差。
ヤニス以外のメンバーにジワジワと詰められますが、
好調ターナーが2本の3PTを決め、このQを27-27で終えます。

第4Qしばらく決め合った後、3PTを打ちまくってくるロペス兄が決めて
91-101と10点差にされると、ブレッドソーにステップバックを決められて8点リード。
ここでペイサーズがタイムアウトを取りました。
タイムアウト明け、ターナーが3PTを沈め、オラディポがミドルで続くと93-106。
更にオラディポのミスをThadがカバーして2点を決めると、ブレッドソーが3PTをミス。
逆にDCが3PTを沈めて残り2分20秒で95-111。ここでMILがスターターを下げて投了。

ちょっと早い気もしましたが、流石のヤニスも今日のThadには
お手上げだったかもしれません。

トリプルダブルに近いスタッツは残しましたが、
FG4/7で12pts、10reb、7astで-31だったヤニス。
一方のThadはFG9/14で25pts、11reb、4ast、5stlと大暴れ。
+28とチーム内でも一人おかしな数字となっています。(次点がDCの+10)

第1Qだけで3ブロックだったターナーも、23pts、7reb、4ast。
ドマスは最初ファウルがかさんでシュートタッチも苦しみましたが、
終わってみれば12pts、10reb、3astと安定のダブルダブル。

マクダーモットはFG5/5のパーフェクトで12pts。
ベンチに戻ったタイリークは6ptsに終わりましたが、
良い所も悪い所も出た感じでした。

復帰のオラディポはFG5/11で12pts、10reb、6ast。
彼がセルフィッシュでない事が、今日のチームの好調を
作ったといっても言い過ぎではないかもしれません。

みんながオラディポの復帰を待っていた感じで
全員が自信を持ってプレイしている印象を受けました。

リバウンドも43-55と圧倒。43本のFGで31アシスト。

オフェンス対ディフェンスのチームの対決でしたが、
ディフェンスのINDが勝利しました。

今シーズン平均118.9点を取るMILが今日は97点。
FG.478、3PT.356も今日はFG.413、3PT.256。

MILの打った43本の3PTの内、12本をロペス兄が打ち、
ミドルトンが7本全て外し、イリヤソヴァも1/6と
外し続けてくれて助かりました。

オラディポの復帰を最高の形で締めて5連勝。
次がアウェイでシクサーズと厳しい相手ですが、
6連勝目指して頑張って貰いたいです。

MIL 97 - 113 IND

関連記事


コメント

  1. Kodai | URL | -

    よいですね!

    オラディポ復帰戦の勝ち方がよいですね!
    明日はアウェイで76sで厳しい戦いがよそうされますが、チームとしての成熟度の違いを見せて欲しいです!

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    Re: よいですね!

    エンビードはバトラーのトレード後に満足していないようですが、
    チームは勝っていますし、今後ファイナルに出るには倒さない行けない相手なので
    あちらに苦手意識を植え付けたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


New