Game37:vsホークス【NBA_Pacers】

2019年01月01日 13:20

現地2018年最後の試合は先日も戦ったホークス。
第2Qの途中から観戦しましたが、リードをしていても
どうも突き放しきれないいつも通り苦手なATLという感じでした。

過去にはマイク・スコット、アンテ・ペロッチといった
伏兵にやられがちなこの対戦でしたが、今日は
ルーキーのケヴィン・ハーターにやられました。
3PT 6/9の22ptsで終盤まで食らいつかれてしまいました。

ジョン・コリンズの好調も引き続きで、22pts、16reb。
そしてもう一人のルーキー、トレイ・ヤングは
魅力の一つでもある3PTが4/6で16pts、7astと
前回より仕事をされました。

チームリバウンドを53-39と圧倒されましたが、
最終盤のディフェンスでの締めに加え、TOを11におさえ、
逃げ切る事に成功しました。

オラディポ、ターナー、サボニスが20ptsオーバー、
今日も6人が二桁得点というバランスの良さが光りました。

ブルックリン遠征時にニューヨークの医師を訪れ膝に
PRP注射をした事で本人も調子の良さを感じているらしく、
それがプレイにも反映されていて、シュートもパスも
良いものが増えて来ています。第3Q最後の3PTは見事でした。

しかし今日大活躍してきたターナーが鼻骨骨折で途中退場。
最初はブロックに行った手を抑えてるのかと思いましたが、
マクミランも言っていた様に、脳しんとうがなければ
マスクを付けてプレイは可能ということで少し安心。

鼻が折れている状態でプレイさせて安心もなにもありませんが、
腕や手だとプレイできなくなってしまいますからね。

オラディポもマスクにはスーパーパワーがあるから大丈夫と
励まして(?)いました。

何はともあれ7連勝のあと、疑惑の2連敗をはさんで
5連勝で2018年を締めくくりました。もう一つある記録が
続いていますが、こういうのを書くと途切れるので書きません。

ATL 108 - 116 IND

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New