Game44:vs 76ers【NBA_Pacers】

2019年01月18日 11:26

TNT放送でレジー・ミラーが解説席に座るという、
今日のお客さんはラッキーだったシクサーズ戦。

腰痛で辛そうだったエンビードにインサイドを制され、
前回不在だったバトラーに好き放題やられ、
レディックが6/9、マスからが3/4で3PTを決め、
レジーが会場にいた事以外見所がなかったと言っても
過言ではない程やられました。

オラディポは第2Qに入ってシクサーズに先行されてから
3PTを2本決めましたが、あれが第1Qで入っていれば
もう少し違った展開に持って行けたかもしれません。

スタートだけは良かったのですが、第1Q中に追い抜かれ、
第2Qは何とか粘っていましたが、後半は最終的に
突き放されてしまうという元気のないゲームとなりました。

Thadが27ptsと奮闘しましたが、彼がチームハイというのは
チームの本来のプランではないはず。オラディポ15点、
タイリーク13点で二桁得点は3人のみ。

リバウンドが取れず、TOは12とそれほど多くはありませんでしたが、
FGが4割、3PTが3割と決めきれず。PHIには両方とも5割越えで
決められてしまいました。

プレイオフ争いをする上でホームでは負けてはいけない試合でしたが、
完敗でした。マクダーモットには憧れのレジーの前での試合で、
2点に終わり残念。バトラーが出ている時間帯にアルゼイを出して
相手を惑わせる作戦もなく。

PHI 120 - 96 IND

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New