ひと味違うポール・ジョージ【NBA】

2019年01月23日 14:06

開幕から一桁得点で終わった試合はなく、
30点オーバーを連発、12月には2試合連続43点
ここ3試合連続30点オーバーと契約延長で安心したのか
高レベルで安定したプレイを見せているようです。

平均得点もこれまでの最高は16-17シーズンの23.7でしたが、
今シーズンは26.8ptsへと上げ、リバウンドも7.9のキャリアハイペース、
スティールも過去最高の平均2.3と成長しています。

先日は勝利をもぎ取るクラッチ4ポイントプレイを決め、
我々の知っていたポール・ジョージはもういないようです。

やはりウエストブルックには人に何かを与える力があるのかも
しれません。デュラント、ハーデンを始め、1年しか一緒にいなかった
オラディポでさえ、ウエストブルックの姿勢から学ぶことは
多かったようですし、偶然とは思えません。

ドマスもルーキーシーズンの多くの時間をスターターとして
出場してきた中で得るものは多かったかもしれません。

今は6thマンとしてどっしり構えて貰っていますが、
あのルーキーシーズンの過ごし方ってドマスにとっては
財産だったのかなと感じます。全ドマスファンはOKCに感謝してると思います。

ジョージがインディアナでの試合でのブーイングを
覚悟してるみたいな発言をしていましたが、現地のINDファンももう
ブーイングなしで、自分達の応援だけに力を入れて貰いたいです。

トレードの対価に満足しているというのももちろんありますが、
更にもう一段階上に行った感じのあるジョージにブーイングしたところで
何の意味もない気がします。オラディポとドマスが来てくれただけで
もう過去のあれこれはどうでも良くなっています。

といっても、ジョージ自身が妙な発言をしたりするんですよね・・・
お互いに変な意識を止められたら最高です。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New