Game55:vsクリッパーズ【NBA_Pacers】

2019年02月08日 13:47

ほとんど動きのなかったペイサーズとは対象的に
トレードやウェイブでそれなりに移動のあったクリッパーズ。

そのLACがスタートからパーフェクトでシュートを落とさず
絶好調でしたが、INDも高確率で決めていきます。
LACにTOを強いる事で突き放される事なく、
試合を展開していけたのが大きかったです。

LACもあれだけ決めてもリードを作れない事で
焦りやフラストレーションが溜まったかもしれません。

ボヤンがダンクに行った所で激しく落下し、
後頭部を打っていましたがそのまま試合に出続け、
29ptsのチームハイ。
ターナーとThadも得点を獲りつつ、6ブロックと
5スティールという鉄壁具合。
前半終了間際から完全にペースを握りました。

試合の途中でコウモリが乱入し、一時中断となりましたが、
結局捕まえられず、そのまま試合再開する場面もありました。

タイリークの数字が伸びてきませんが、無理なプレイが
減って丁度良くはまっている感じにも思えます。
バランス的にCoJoが出ている時間が多くなりますが、
13pts、9reb、6astとシュートスランプを抜けたベテランは
頼りになります。

今後NYKをウェイブされたウェスリー・マシューズと
契約することになっているようで、マクダーモットは
DAL時代のチームメイトと再合流する事になります。

マクダーモットもThadもマシューズの加入は
チームの助けになるとコメントしているので、
楽しみです。

正式に契約したらまた個別に書こうと思いますが、
きっとINDファンに溺愛される事になると思います。

LAC 92 - 116 IND

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New