Game61:vsピストンズ【NBA_Pacers】

2019年02月26日 10:05

2試合欠場したターナーが復帰。
しかし、出だしからピストンズの3PTが好調で止められず。
DETディフェンスも良く、TOも増え、ボヤンもマシューズも
フリーになれず3PTで応戦する事もできない第1Q。

最大17点ビハインドとなりますが、第2Q中に
一桁差まで詰めていきます。
ドマスが前半だけで16ptsとチームを救います。

一方のDETもベンチから3PT4/6のケナードが14pts。
スターター陣に何とか頑張って貰いたいところですが、
2分40秒にレジー・ジャクソンに3PTを決められて再び12点ビハインド。

マシューズの3PTが決まりますが、グリフィンの3PTでお返しされて
点差は変わらず。しかしボヤンのレイアップと、
Thadのオフェンスリバウンドからの2点追加で47-55。

DETがTOで、DCがFTを貰い2本とも決め、
ボヤンの3PTミスをまたしてもThadが拾いフックを決めます。
最後のエリントンのショットは外れ、51-55で前半終了。
後半引き締めればどうとでもなる点差まで詰めることができました。

ターナーは前半でFG1/4ながらも、2ブロック。
彼の得点が伸びてくるとINDも楽に戦えます。後半に期待。

第3Qは追い詰めようとするとグリフィンの3PTが決まり、
なかなか捉える事ができず。
マシューズやDCが3PTを沈め、ようやく1点差にし、
DCのレイアップで75-75となりますが、エリントの3PTに
ドラモンドが2本おシュートを決めて75-82。

第4Qは荒れる場面もありながら、何とか追いすがりますが
DETの3PTが決まり続けました。もう試合が決まりかけたので
主力を下げた方がいいのではと思っている所で
ドマスが相手の足を踏んでしまい、捻ります。

諦める事も必要なのに、と思っていると、
残り1分半を切ってからドマス、DCが3PTを決めます。
最後まで追いつく事はありませんでしたが、
戦い抜く事の重要性もまた感じた難しい1戦となりました。

ドマスの足首が酷くないことを願いつつ、
次はマシューズの古巣ダラスでの試合となります。

IND 109 - 113 DET

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New