シーズンが終わる前に新加入メンバーの印象を【NBA_Pacers】

2019年03月14日 10:39

ウェスリー・マシューズ
オラディポの離脱は大きかったけど、
そこまで戦力ダウンしていないのでは、と思えるほど頼りになる。
3PTに波はあるものの、既に彼が打って外したなら仕方ないと思える程。
インディアナにランボー文化をもたらした。
来年チームに残る可能性はほとんどないと思うけど、
オラディポが休んでいる間に彼が出てくれたらこれほど心強い事はない。

しかしスターターの座を求めて彼は旅立っていくのでしょう。
この危機にチームに加入してくれたことをペイサーズファンは忘れない。

カイル・オクイン
彼に求められたものはセカンドユニットとして
ガッツリ活躍、というものではなく、
何かあった時の保険としての意味合いが強かったと思える。
本人もそれを承諾して、インディアナに来てくれていて
その役割は十分果たしていると思う。

早いタイミングでミドルを打つ事が多いけど、結構入る。
ドマスの穴を埋める事はできないけど、
いつでもプレイできる準備はしてくれていて、
ベンチからの応援も忘れない。
マシューズの様に「スターターが条件」というプレイヤーがいる中
オクインの様なベテランの存在がチームを助けてくれている事実を
忘れてはいけない。

ダグ・マクダーモット
もっとプレイタイムが伸びてくると評価しやすいけど
ここまでの所あまり伸びず。シュートの弾道が結構低めだけど
決まり方が格好いい。よく走るのでリーフと良いコンビ組めそう。
3年契約なので彼がいかに成長するかが今後のINDの鍵とも言える。

レジーファンというだけあって、スクリーンを使ってフリーを
作ろうとする動きが多く、見ていて楽しい。

アーロン・ホリデー
まだ余計なファウルをする事もあるけど、オフェンスだけでなく
ディフェンスでも開花しそうな印象。オラディポみたいに
抜かれてもブロックまでしっかりいける子。

オフェンスに関しては好不調激しいけど、
基本的にシュートはうまいと思うので
いずれアジャストしてくれることを期待。
DCとCoJoの契約によっては来期のスターターPGとなる
可能性大だし、それも楽しみ。

タイリーク・エヴァンス
正直期待には応えられていないここまでのタイリーク。
上手いと思わせる事もたくさんあるけど持続しない。
スターターでのチャンスをものに出来なかったのは
マイナスイメージ。謎の欠席があったり、
不可解な欠場が続く中、まだプレイオフでの巻き返しの希望を
捨てきれない。タイリーク次第で変わると思う。

ランスもLALがあんな状況になっちゃったし、
来シーズン、早くも凱旋あったりして、と思わなくもない。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New