八村塁がNBAドラフトにエントリー【NBA】

2019年04月16日 04:48

ドマンタス・サボニスやケリー・オリニクの後輩である
ゴンザガ大の八村塁が4年目は大学でプレイせず、
NBAドラフトにエントリーすることを表明しました。

最優秀SF賞であるジュリアス・アービング賞受賞という
桁外れの偉業を達成した大学3年目のシーズン。
ドラフトにチャレンジするには最高のタイミングとも
言えると思います。

渡邊君が2-way契約ながらも、1シーズンカットされずに
NBAの舞台に残れた事も素晴らしい出来事でしたが、
八村君には1巡目でピックされる可能性があるでしょうし、
日本のバスケットボール界にとって今後語り継がれる
大きなビッグイベントとなることでしょう。

INDが18位の指名権を持っていますが、残っていたらどうでしょうかね。
最近はUCLAつながりを多くピックしてきましたが、
ドマスとのゴンザガコネクション、いかがでしょうか。

マイアミのオリニクコネクションが先かもしれませんが。

八村君、頑張ってください。応援しています。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    New