本気を出し始めたゴガ - キャブス戦【NBA_Pacers】

2019年11月02日 10:57

DET、CLEと開始5試合でリベンジ戦2回という
サマーリーグ感満載のスケジュールですが、今日はホームでの試合。

ターナーが足首の捻挫でweek to week、
サムナーが右手骨折で3週間の欠場。手術が必要ないので
復帰にそこまでかからないらしいです。

いきなりローテーションに不安の残る開幕となりましたが、
今日はリーフがスターター。リバウンドまでは良いのですが
フィニッシュが相変わらず弱い。

早々に2ファウルで下がると今日はサンプソンが登場。
プレシーズンからのハッスルをそのまま持ち込んでくれました。
とにかくブロックに飛ぶのでファウルが心配でしたが、
後半はすぐに飛ばなくなってました。

そしてゴガ・ビターゼ。
ターナーの怪我で今後出番が増えてくると思いますが、
ホームデビューで自信をつけられたのではないでしょうか。

ミドルにオフェンスリバウンドからのレイアップに
初の3PTにFT、ブロックにラブの3PTをスティールと
素晴らしい働きをしてくれました。

25分の出場で10pts、9reb、4blkとダブルダブルまで
後少しでした。

ゴガの活躍で今日の試合の流れをほぼ忘れてしまったので
後で時間のある時に見直したいと思います。

ドマス 18pts、17reb、4ast
ブログドン 25pts、8reb、6ast
ラム 21pts 10reb

ウォレンは不調でしたが、ラムがしっかり支えてくれました。
ドマスとブログドンのコネクションが試合ごとによくなります。
ラムは終盤にしっかりと点を決めてくれ、ワンハンドリバウンドで
しっかりと勝ちをものにしてくれました。

マコーネルの技ありアンド1に、兄デーのディフェンスと2本の3PT、
豪快なダンクをミスったマクダーモットでしたが、積極的に
ドライブで攻めてくれていました。

アーロンは2試合連続となるテイクチャージでチームに貢献。
興奮しすぎてテクニカルを取られ、シュートも決まってませんが、
マコーネル先輩に思いっきり褒められてました。

CLE 95 - 102 IND

関連記事


New