ゴガ・ビターゼを振り返ってみる【NBA_Pacers】

2019年11月07日 22:57

まだ全然振り返る時期ではないのですが、
ペイサーズが2019年ドラフトにおいて18位で指名した
ジョージアのゴガ・ビターゼを今のうちに振り返っておこうと思います。

事前にドラフト情報はほとんど追っていなかった為、
モックドラフトなどでの前予想は分かりませんでしたが、
この画像を見た人はたくさんいるはず。

メディア対応で隣のザイオン・ウィリアムソンに全て持って行かれ
それを眺めるルーキーの図。彼がゴガです。

ドラフト当日も、18位指名された時はザイオンの映像に変わり、
ほとんどゴガの姿やインタビューを見ることが出来ませんでした。

そしてチームに加わってからもビザの問題でサマーリーグに出場できず、
怪我もあってプレシーズンでも姿を見ることができず。
最後の1試合には出場しましたが、日本では放送されなかった為
結局実戦での姿を見ることができず、「本当にゴガは実在するんだろうか」
と不安になるINDファンが続出しました。

開幕戦にも出場しなかったゴガ。
昨年ヨーロッパで1年プロとして活躍し、ドンチッチと同じ賞を取った逸材を
教育枠で1年費やしてしまうのか不安になりました。

2試合目となったキャブス戦、ターナーとドマスがファウルトラブルになったことで
ついにNBAデビューを果たしたゴガ。初得点もなんなく決め、
スター街道の始まりかと喜んだのも束の間、膝を痛めてロッカーへ。
大事には至りませんでしたが、4分の出場でデビュー戦が終わってしまいました。

続く3試合目には登場せず、4試合目のネッツ戦。
ターナーが足首を負傷し、いきなり出番がきます。
しかし9分に出場しただけで何もできず、させてもらえず。

ROYを夢見たあの頃はなんだったのか、と思い始めましたが、
ゴガはその力を徐々に見せ始めました。

自身3試合目となるキャブス戦で25分に出場し、10pts、10rebのダブルダブル。
更に4ブロックと、YOUTUBEのハイライトで見たブロック力を見せました。

続くブルズ戦とホーネッツ戦でも4ブロックを決め、3試合連続4ブロック。
スターター出場も果たし、いきなりNBAに順応し始めました。
ファウルへの対応はまだまだこれからですが、バックアップセンターとして
十分やっていけると思います。

ゴガを17位までに指名しなかった事を後悔するチームが出てくる事でしょう。
ドラフト前日、ゴガでなくて、ザイオンに行ってしまった記者も後悔する事でしょう。

しかし今からでも遅くないです。ゴガワールドはこれからです。
何よりも愛嬌のある顔が良い。88番という記事を存分につかったジャージで
購入した人にお得感まで与えるゴガ。

11月に入って25.3min、8.3pts、8.3reb、4blkのゴガをみんなで見守りましょう。

Go Goga!君はINDの未来だ。

関連記事


New