インディアナのホリデー家 - マジック戦【NBA_Pacers】

2019年11月24日 16:50

久しぶりの試合はマジックと。
ブーチェビッチとアーロン・ゴードンが欠場で
インディアナ優勢かと思われましたがそんなことはなく。

ラムが戻り、兄弟スターターはなくなりましたが、
マコーネルが戻ってもアーロンのスターターは変わらず。
15試合目にして7つ目のスターティングラインアップとのこと。

第1QはTOが多く、あまりよくありませんでしたが、
セカンドユニットがとてもよく頑張り、第2Qを31−20で
リードを作ります。

しかし第3Q、ジョナサン・アイザックと3PTがよく入ったりで
40−28とやりかえされ、逆転されます。
ペイサーズキラーのテレンス・ロスには2本の3PTを決められましたが、
10ptsとおとなし目。第4Qに逆転すると、IND優位のまま試合を進めますが、
残り1分を切り、TOから同点に追いつかれます。

すると最後はアーロンのミスをターナーが拾い、立て直し。
兄から弟へパスし、弟が3PTを決めて3点リード。
タイムアウト後、ORLオフェンスではジャスティンがスティールして
ファウルゲームへ。2本のFTをしっかりと決め、勝利を収めました。

ウォレンが2ptsと元気がなく、ラムも14ptsと得点源になって欲しい二人の
不調がありましたが、ドマスが25pts、9reb。ターナーが10ptsながら3blk。

リーフとマコーネルがベンチから8ptsずつ、兄が12pts、マクダーモットが13ptsと
セカンドユニットに助けられました。

我らがゴガは6ptsです。あまりプレイタイムはもらえませんでしたが、
しっかりとオフェンスに絡んでいました。

2試合続けてホリデー一族による勝利劇を見ることができました。
ジャスティンの加入は弟にとってだけでなく、チームにとって
大きなプラスとなったようです。

ORL 106 - 111 IND

関連記事


New