ぼやんとにやんがやって来たジャズ戦【NBA_Pacesr】

2019年11月29日 13:23

ボーギーとニヤンの凱旋試合。
昨日の試合なのでさらっと。

第1Q ジャズ相手に互角の戦い
第2Q ディフェンスが良くなりINDリード
第3Q UTA追い上げモードをブログドンが退ける。点の取り合い。
第4Q 残り6分からINDのペースへ

ボヤンは30pts、5rebと活躍したものの6TOとINDのディフェンスに
苦しめられました。FG8/13とFT10/11は流石です。

良く決めてくるし、どっちがボヤンでどっちがイングルスなのか
分からない。ジャズファンは判別出来ているのでしょうか。
途中からどちらが決めたかを確認するのを諦めました。

ディフェンスではターナーがマッチアップだったので
もっとターナーで押し込む所を見たかったですが、
あまりここを突いたオフェンスは見られず。

そんなターナーでしたが、8pts、4reb、3blkとスタッツは地味ですが、
ボヤンにTOを強いるディフェンスを見せました。

ドマスは安定の23pts、12rebのダブルダブル。
いつもはゴベアにやられるイメージが強かったのですが、
このスターターにしたおかげなのか、今日の試合に関しては
ゴベアが脅威と感じるシーンはあまり多くありませんでした。

そのゴベアも試合後、
「彼らはチームとして、そしてとてもタフにプレイしている。
 ビッグマーケットではないから話題にならないけど、リーグのみんなは
 彼らがかなり良いチームだと知っているよ。」
とコメントを残しています。

元INDのボヤンがチームメイトなので優しくなってるのかもしれませんが、
相手選手に認められるというのは嬉しいものです。
IND戦と代表の日本戦、アルゼンチン戦以外は君を応援するよ。

ウォレンは高確率の日で23pts。一件落としそうなシュートも
良く決めてくれます。ラムも18pts、8reb、6astと周りを活かすプレイも
見せてくれました。マルコム大統領は22pts、4reb、8ast。
どこからアシスト出してるのか良く分からないプレイと、
終盤3PTを狙ってくるのは彼のポリシーなのでしょうか。

セカンドユニットはマコーネルの12pts以外は得点が伸びませんでしたが、
ジャスティン・兄デーはフォワードでのディフェンス力トップクラスという事が判明。
今シーズンはシューターとしても活躍して貰っていますが、
思わぬ所で優秀な3&Dの選手を獲得出来てしまいました、

アーロンと同じ契約年数で今後もインディアナにいてもらいましょう。

我らがゴガは12分に出場し、3pts、4reb、2astでした。

UTA 102 - 121 IND

関連記事


New