ロードトリップ5戦目のニックス戦【NBA_Pacers】

2019年12月08日 18:42

ロード5試合の最終戦は連戦でニックス戦。

ブログドンが昨日の試合で小指を痛めたようで欠場。
デナリさんもご病気で代わりにパット・ボイラン氏が
クインのパートナーとして放送。

一方のニックスはHCのフィズデイルが解雇され、
代わりにマイク・ミラーが指揮。最初元ORL新人王の
ミラーかと思いましたが彼とは違う人でした。

出だしはあまり良いディフェンスができず、NYKリード。
点差を少し詰めていくものの、NYKペースは変わらず。
それでも徐々にディフェンスが良くなり、1点差に詰めたところで
マコーネルtoターナーのダンク。更にドマスがインサイドで
頑張って27−24とすると、スティールからウォレンの
レイアップで29−24。アンド1のチャンスでしたが、FTはミス。

残り1分25秒にゴガが登場。
兄デーの3PTが決まり、第1Qを13−3で締めくくり、32−27

===第2Q===
NYKが7−0スタート。
マコーネルがようやく決めて34−34。
お互いに決めあった後、マクダーモットの4ポイントプレイ。
残り8分にゴガがベンチへ。

第2Qはマコーネルが本当によく動き回り、
自ら得点したり、パスを回して得点に絡みます。
51−51となったところで、アーロンの3PT、
ラムも3PTを決めて61−55で前半終了

==第3Q===
2点差に詰められたところでウォレンの3PT。
更にスティールからFT獲得。ターナーがブロックから
ウォレンの3PTとINDペースになり74−66。
この時点でウォレン22ポイント。

続いてNYKのペースとなり、マーカス・モリスの
3PTが決まって76−77と逆転されます。
しかしここもウォレンがチームを救う3ポイントプレイ。

マクダーモットの3PTとロング2で89−81として
第3Q終了。良い終わり方でした。

===第4Q===
4Q頭からゴガが出ている。
兄デーのドライブからのパスでマクダーモットの3PT。

しかしNYKのランで94−92と詰められ、マコーネルのレイアップで4点リード。
その後リバウンド争いでウォレンが出血しロッカーへ。
体を張ったプレイをしてくれているからか、彼の出血シーンは
何度か見ているような。

残り6分、ランドルのFTが決まり98−98。

ここでアーロンの3PTとラムの3ポイントプレイが決まり、6点リード。
ウォレンがコートに戻ってきますが、ミッチェル・ロビンソンの
ブロックでINDが24秒バイオレーション。

NYKに何度もオフェンスリバウンドを取られるものの、得点を許さず。
アーロンとモリスがそれぞれ3PTを外し、1分55秒、104−100と
なったところでNYKタイムアウト。

連日のクラッチタイムクロージングテストのお時間となります。

モリスが2点をねじ込み104−102。アーロンが3PTをフリーで外しますが、
ターナーがブロック2連続でINDボール。
ラムがプルアップミスでペイトンがシュートを打ってきますが、
ブロックに飛んでいたターナーのおかげか、これをミス。

INDのラストオフェンス、ウォレンがシュートを外し
NYKが走りますが、ここでもターナーがブロック。
その後、残り0.1秒でランドルにファウルをしてしまいFTを
与えてしまいます。

2点差だったのがラッキーでした。
1本目は決めましたが、2本目をミス。
その時点でINDの勝利となりました。

運もありましたが、勝利を呼び込んだのは
間違いなくマイルズ・ターナーのディフェンスでした。

ポイントは7点だったかもしれませんが、
去年のブロック王争いのミッチェル・ロビンソンの3を超える
5ブロックは見事でした。

プレイオフでメロをブロックしたヒバートのように、
ブロックでチームを救う姿はINDファンにとってたまりません。

ドマス 19pts、15reb
ウォレン 25pts、4reb
ターナー 7pts、6reb、5blk
アーロン 12pts、4reb、5ast
ラム 13pts、4reb
マクダーモット 16pts、3ast

IND 104 - 103 NYK

関連記事


New