nueve - ブルズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月12日 05:21

ブログドンが負傷から復帰と思いきや風邪(strep throat)で欠場。
ドマスも膝の痛みで欠場。
前の試合で酷使するから、、、と思わなくもないですが、
アーロンではなくマコーネル、ゴガではなくジャカーがスターターで登場。

何かと話題のマイルズ・ターナーが出だしから積極的。
本当に20本打ちたかったんじゃないかという暴れっぷり。

元々リバウンドが得意な方ではありませんが、今日は14リバウンド。
FGも10/18で27ポイントを獲得。見事にチームハイで勝利に貢献。
元相方のThadをブロックするシーンもありました。

前の試合、2つのテクニカルで退場となったウォレンも17点。
ジャカーも派手なダンクを見せてくれましたが、今日は何と言っても
セカンドユニットの方々でした。

第3Qにラビーンとコービー・ホワイトの連続3PTで一気に詰められましたが
元ブルズのジャスティンとマクダーモットに加え、サムナーも躍動。
そしてスターターではなくなりましたが、アーロンが19pts、8ast。

3Qに突然入らなくなったINDの3PTでしたが、
第4Qの中盤には嘘のように決まり、ほぼセカンドユニットで
試合の行方を決めてくれました。

ゴガがホワイトをブロックしたり、地味ではありましたが
アリウープもあり久々にプレイを堪能。

サムナーは2本の3PTを決めましたが、アグレッシブなリムアタックも
有効でした。

ジャスティンのステップバック3PTにアーロンのロング3PTもありました。
ベンチからアーロンとジャスティンを起用するというのは
オラディポやブログドン復帰後も通用しそうです。

IND 116 - 105 CHI

関連記事


New