ocho - シクサーズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月14日 12:05

シクサーズはエンビードが左手靱帯の怪我で欠場。
ペイサーズはブログドンとドマスが復帰となりました。

前半、どちらもあまり良くなく、
ターナーとドマスの布陣がホーフォード、トバイアスの布陣との
相性が悪く、身長の差を上手く活かせない。
エンビードがいても苦手には変わりないけどちょっと苦しい。

背中の痛みからの復帰のブログドンはFGを決められず、
ジャスティンもレイアップを2本ミス。
シクサーズが3PTを外していたり、本調子でなさそうだったのに
後手後手に回ってしまったIND。

49-40と9点ビハインドで迎える事になった後半。
ドマスに変えてジャスティンをスタートにするマクミラン。
怪我以外で変えてくるのは珍しい采配、
なんてことはありませんでした。
何を見間違えていたのか。失礼いたしました。

相手が決めると決め返す、を繰り返し、点差がほぼ変わらない数分間。
ジワジワと点差を詰めていったINDでしたが、結局63-52と11点差へ。

ターナーとウォレンが6点を取り、更にターナーが3PTを決めて63-61。
シモンズにFTを2本決められますが、ブログドンが3PTを決めて65-64。
トバイアスがチップインを決め、両者3PTをミスした後、
アーロンの3PTが決まり67-67と遂に同点。

第4Qに入ると今度は兄ジャスティンの3PTで73-74と逆転に成功。
ネトに3PTを決められますが、マクダーモットがすぐにお返しをして78-79。
ネトにFTを2本決められ、また逆転されますが、マコーネルが2点を決め、
ボールを運んでいたネトに後ろから忍び寄りスティール、ジャスティンのダンクを
演出して80-83とリードを作りました。
インバウンズのボールを積極的に狙ったり、ボールに対する執着心が
すばらしいマコーネル。古巣相手にその大きすぎる存在感をアピールします。

しばらく点が止まり、何とか逃げ切ろうとするINDでしたが、
POWを獲得したジョシュ・リチャードソンが敵ながら見事なプレイを続け
92-89と逆転されていきます。

ちょっと苦しくなるかと思ったところで出てくるのが大統領。
今日3本目となる3PTを決めると、アーロンのスティールで得たチャンスに
プルアップジャンパーを決めて92-94と逆転。

しかしここでもリチャードソンに3PTを決められて95-94。
残り1分42秒から、INDオフェンスでのインバウンズで再開。
この場面でターナーがボールを受取り、すぐにリムアタック。

ホーフォードのファウルを誘いFTを獲得します。
そしてこれを2本しっかり決めたターナー。偉い。

両者外し続け、ブログドンがオフェンスリバウンドを取る所でファウルを貰い
FTラインへ。1本目を外し、2本目は成功、これで95-97。

タイムアウト後、PHIはトバイアスの3PTを狙いましたが、
これをウォレンがブロック。ファウルせずに見事に守り切りました。
ブログドンがファウルをもらい、今度は2本成功で95-99。

リチャードソンの3PTが外れファウルゲームへ。
ドマスのFTは1/2でしたが、タイムアウト明けのインバウンズで
5秒バイオレーション。更に最後にはシモンズが運ぶボールを
ブログドンがスティールして試合終了。

最後の最後に切れてしまったシクサーズ。
INDもそうなる事が多いだけに、しっかりと決め切れたのは良かったです。

ブログドンは5/15と確率はあまり良くありませんでしたが、
終わってみれば21pts、7reb、9astでTOは1のみ。
彼の復活はチームにとって大きな助けとなりました。

同じく復帰組のドマス。
FG3/12は褒められませんが、10pts、16reb、3astでチームに貢献。

前の試合オフェンス好調だったターナーも4/10と苦労しましたが、
14pts、10rebに加え3blk。先ほども書いた最後のプレイは見事でした。

ウォレン21pts、ジャスティン14ptsは流石と言った所ですが、
ここの所ラムの調子が落ちているのが気がかりです。
今日は6リバウンドながら4ポイント止まり。

オラディポが復帰すると役割も変わってくるので気持ちが落ちないか心配です。

PHI 95 - 101 IND
関連記事


New